独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

【DIY】2,000円台でキッチンカウンターを作ってみる!(前編)

スポンサーリンク

DIY キッチン

久しぶりのDIYの記事が書ける(*´艸`)

20代後半になって初めての一人暮らし。

この高いテンションの勢いでDIYを思う存分楽しもうヾ(*´∀`*)ノ

賃貸キッチン

アパート賃貸 キッチン

賃貸契約をする前に内見した時のキッチン(。・ω・))フムフム

狭くはないけど、特段広いわけでもない。

でも一人暮らしなら広い部類に入るのかな?(∀`*ゞ)

 

実家はL字型でシンクが二つ付きという無駄に広い場所だったから感覚が・・・笑

 

さて、何もないこのキッチンをDIYでどこまで快適性を高めることができるか挑戦してみよう(`・ω・´)

もちろん、賃貸物件なので原状回復ができるのは必須条件(o'∀'))ゥンゥン

 

見取り図、木取り図

まずは寸法から図らないと始まらないね。

このキッチンの幅が170cmだったから、

カウンターキッチンも同じ幅の170cmにしよう(´∀`*)

それに合わせてSPF材も調達しないといけないけど、木取り図を使うほどじゃないから割愛・・・笑

本来であればもでりんというソフトで簡単に作れる(`・ω・´)

ソーガイド鋸セットを購入すると、ライセンスも自動でついてくるからオススメ(*´艸`)

 

手軽に作る

ガッツリしたカウンターキッチンを作るのは労力もかかるし、

お金もかかるから却下 (*´・∀・)┌

 

DIYなら最低限の費用で、かつ楽に作りたい。ってのが自分の考え(´・∀・`)

色々とネットで調べたら意外と出てくるね(;'∀')

先駆者の人たちに倣って自分も作ろう(´∀`*)

 

用意するもの

①カラーボックス(3段タイプ)を2個

 

②1×4材 1700mmを4枚

Amazonでも売っているけど、確実にホームセンターの方がいい 笑

1820mmが売っていないし、売っていても送料高いし(;^ω^)

自分はコーナンを愛用していて、1×4材は1820mmを198円(税抜)で購入してる(*ノωノ)

 

しかも、コーナンアプリを使うと・・・!

木材カットの1カット30円(税抜)が10カットまで無料にキャ───(*ノдノ)───ァ

 

自分でカットするのも楽しいかもしれないけど、楽だから店舗でカットして貰う 笑

 

③合板 1830mm×920mm を1枚

これは側面に背面用に600円程度で購入(∀`*ゞ)

1×4材を貼っている人もいたけど、合板の方が費用が安かったから

これでいいやー!って感じに(*ノ∀`*)ヶラヶラ

 

材料費のまとめ

カラーボックス2個・・・600円(ジモティーで購入)

Amazonであれば、上記の商品で3,400円

リサイクルショップ等に行けるのであれば、3段カラーボックスは1個あたり500円で売っていたかな(*´艸`)

 

1×4材 4枚・・・約855円(ホームセンター)

合板   1枚・・・約600円(ホームセンター)

 

材料はこれだけ!

合計2,055円

 

やっすー(;'∀')

 

さてさて、どんなのが出来上がるかな?(´∀`*)

 

次の記事→【DIY】2,000円台でキッチンカウンターを作ってみる!(中編)