独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

【簡易分析】2406 アルテサロンを考察(株主優待-2017年)

スポンサーリンク

簡易分析 アルテサロン 株主優待

 (株)アルテサロンホールディングス【2406】

美容室チェーンで、Ashという店舗を主力に展開している。

カット料金は約4,000円程度で、安すぎず高すぎずといった価格帯である。

どんな会社?

美容室チェーンであり、グループ店舗数は285店舗。

首都圏を中心に展開している。

渋谷・原宿等のカリスマと言われるような店舗ではなくチェーン店として一定の技術を幅広く消費者に提供している。

 

他にも美容室として上場している会社の一部を挙げておこう。

 

モッズヘア:約100店舗

TAYA:約140店舗

 

店舗数だけを見ると、アルテサロンは中々の規模であることがわかる。

 

会社概要

1988年:設立

1997年:Ash1号店が二俣川に出店

1999年:代官山にAshが出店。ブランド確立

2004年:ジャスダックに上場および株主優待の開始

2007年~:グループ企業との提携が活発化

 

資本金:3億円

従業員:701名(連結)

売上高:170億円(グループ全体)

 

株主優待

権利確定月:12月 年1回

 

100株:3,000円

200株:6,000円

300株:9,000円

400株:12,000円

500株:15,000円

1,000株:18,000円

1,500株:21,000円

2,000株:24,000円

4,000株:27,000円

6,000株:30,000円

8,000株:33,000円

10,000株:36,000円

 

保有数に応じて株主優待の贈呈額は増えていくが、比例はしていない。

利回りが高いのは100株~500株までなので、株主優待目当ての場合は

500株まで保有するのがベストであろう。

 

サロンの技術料に使えるのはもちろんのこと、ヘアケア用品にも使用できる。

サロン専売用シャンプー等を購入する人にとってはオススメだと思われる。

 

利回り

1株:815円(2017年9月時点)

 

100株:81,500円

株主優待:3,000円

配当金:1,000円

 

4,000÷81,500=4.9%

 

5%には届かないが、良い数字を出している。

 

個人的見解

セルフカットをする人もいると思うが、美容室の技術力には到底かなわない。

身だしなみを整えるためには定期的に通う必要があるが、美容室を節約する簡単な方法は

1,000円カットに行くこととなるが、それなりのクオリティになってしまう。

大衆向けの価格である3,000円~4,000円程度のところが無難であるが、2ヶ月に1回通うと年間約20,000円の出費となる。

 

意外と高い。

そこでアルテサロンの株主優待で15,000円分を確保し、別会社の田谷の株主優待で、不足分を補う。個人的にはこれで満足している。

売上高も堅調で、黒字経営を確保している。

急激な成長は期待していないが、これまで通りの堅調な経営運営をしていただきたい。