独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

株主優待 東京テアトル メアリと魔女の花 あらすじ・ネタバレ

スポンサーリンク

株主優待 東京テアトル メアリと魔女の花

東京テアトル(株)【9633】

スタジオジブリではなくて、スタジオポノックという会社の作品

こういう映画が無料で見られるってのはありがたいね(´∀`*)

株主優待

今回はあくまで映画の感想になるので、優待情報はこちらの記事を参照していただければ

東京テアトルの優待情報→後日公開

 

キネカ大森

観に行ってきた映画館はキネカ大森というところ

西友のビルの中に入っているんだけど、近頃改装したみたいで

すごく綺麗になっていてビックリ・・・笑

前は閑散としていて誰がここで買い物をするんだろう?って感じだったのに

ヤマダ電機

セリア

ブックオフ

という集客力抜群の店舗だらけに。

レストランのお店の顔ぶれは変わっていなかったけど、ここの飲食店も栄えるといいねヾ(*´∀`*)ノ

 

映画館

ビルは大々的に改装はしていたけど、映画館はまったく変更なし!

株主優待 東京テアトル メアリと魔女の花 整理券

背景は妖怪ウォッチだけど、メアリと魔女の花の整理券

ここの映画館は他の大手と比べてかなりコンパクトなんだよね。

席数が40席しかなくて、自分が入手したのは31番・・・!笑

 

45分前ぐらいにチケットを貰ったんだけど、その時に

 

店員「15分前になりましたら順番にお呼びします。もしもいなかった場合は、最悪立ち見になるかもしれませんのでご了承ください。」

 

というアナウンスを受ける(;´・ω・)

立ち見ってどういうこと・・・笑

 

実際は40枚しか販売していなかったので全員着席はできていたんだけど

立ち見の場合もあるんだ・・・って不思議な感じがした 笑

 

メアリと魔女の花

Yahoo!映画 などで酷評ってことは事前に知っていたけど

実際見てみると、そんなに悪くなくて面白かった!!

 

ありきたりと言えばそうかもしれないけど、映画評論家でもないし楽しければそれで問題なし(´∀`)bグッ

 

ただ、感想を書こうと思ってもあんまり書くことが・・・ってのは正直ある 笑

新鮮味がないってのは確かかなー?

 

簡単なあらすじ

数十年前に魔女を養成している学校から、大切な魔女の花が盗まれてしまった。

盗んだ者は学校の生徒であり、逃亡中に積乱雲に遭遇し、魔女の花と共に行方不明になってしまった。

 

魔女の花は7年に1度しか咲かない幻の花であって、魔力を増強することが可能。

どこに咲くかは決まっていないので、見つけることは困難を極める。

 

時は現代、メアリという少女の話に移る。

メアリは引っ越してきたばかりで退屈な日々を過ごしていた。

道を歩いていると猫と遭遇し、「こっちに来てみな」という感じで森の中へ誘導されていく。

そこで、魔女の花と怪しげな箒を発見した。

ひょんなことから魔女の花を潰してしまったが、その力が両手に宿ることになった。

この力のおかげで魔法が使える魔女となった。

ただし、効果は一晩だけという制限付き。

 

魔女の花の効果は箒にも適応されて、箒に乗ったメアリは魔女の学校へ向かうことになった。

そこで大魔法を見せたメアリは学校中から称賛を浴びたが、魔法の花の力をおかげということを校長にバレてしまった。

 

そして色々なことがあり、メアリは魔女の花を校長に渡すことになった。

 

校長は魔女の花を使用することによって、変身の大魔法を完成させようとしていたが

大失敗に終わった。

ちなみに過去にも同様の実験をして失敗に終わっている。

この大惨事を繰り返さないために、とある生徒が魔法の花を盗み出していた。

 

だが、結局は過去の反省を活かせないまま失敗に終わったが

色んなことがあって無事解決した 笑

 

 

最後はハッピーエンドで終わって個人的には楽しく見れたけど

見る人によっては物足りない感は否めないかもね?(。-`ω´-)ンー…

 

小さい子どもと一緒に見るのはすごく楽しいと思うけど、地上波を待ってもいいかも?笑