独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

株主優待 マルシェのランチ(2017年)

スポンサーリンク

株主優待 マルシェ ランチ

マルシェ(株)【7524】

関西での勢力は結構大きいけど、関東では肩身の狭い状態に。

もっと進出してくれると使いやすいのだが、今後に期待しよう。

ランチ営業をしている店舗は極端に少なく東京神奈川で2店舗しかない。

株主優待

権利確定月:3月 9月 年2回

 

100株:3,000円(1,000円×3枚)

500株:15,000円(1,000円×15枚)

1,000株:25,000円(1,000円×25枚)および株主優待品

 

原則的には保有株に比例して株主優待の贈呈金額も上昇していく。

1,000株の場合は5,000円相当(?)の贈呈品が貰えるようになる。

 

こう見ると良さそうな株主優待券に思えるが、使用制限が設けられている。

会計時にお一人様1枚まで使用可。

これが非常に使いにくいためあまり人気が出ていない。

 

500株保有者は3,000円まで

1,000株保有者は、5,000円まで

 

のように保有数に応じて使用できる限度額も増えればメリットは大きいと思うが、

その仕組みを作るのは相当面倒くさい。

 

利回り

1株:833円(2017年9月時点)

 

100株:83,300円

株主優待:6,000円

配当金:1,000円

 

7,000÷83,300=8.4%

 

利回りは非常に良いが、使い勝手が悪いため保有するとしても100株がおすすめ。

商品のテイクアウトも可能であるが、1,000円分の焼き鳥を貰うと仮定しても

500株だと半年に15回も貰わないと処理ができない。

月に2~3回も店に通うのは結構しんどいと思う。

家の帰り道とかであればなんかと・・・と感じはするが、マルシェに投資している人は

他の株主優待券も保有していると思うので使い切るのが非常に大変に。

 

利回り目当てで保有したとしても、やはり100株をおすすめする。

 

手ごねハンバーグランチ

マルシェの居心伝は手ごねのハンバーグランチを目玉として提供していた。

冒頭の写真がそのランチであるが、冷凍食品のハンバーグではないことは素晴らしい。

レンチンして提供しているところもあると思うが、しっかりと手作りしていることに好感が持てる。

 

今回、ランチを食べている時に厨房の方がフードプロセッサーを準備してひき肉を作っていた。

そして捏ねて下ごしらえの準備をしていたのだが、意外と手間がかかることをやっているんだなぁと素直に関心

 

コロワイドのにじゅうまるという店舗のハンバーグランチを食べたことがあるが

全然美味しくなかった・・・

今回のマルシェは十分美味しく頂けた。

ソースもワインで味付けをしっかりしていて1,000円のランチにしては非常に美味しい。

 

価格は、780円(税抜)であったが、1,000円(税抜)の優待券なので

端数合わせのために199円の餃子を注文した。

合計979円で、1,000円の株主優待券で清算へ。