独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

残業100時間をする新入社員

スポンサーリンク

会社 残業

みなさんは残業をどのくらいしているだろうか。

定時で帰れることが一番良いと思うが、現実は厳しいところがある。

そんな中で、超大手企業で悲痛な事件が起こってしまった。

そう、過労死である。現代は歪んでいるのだろうか

 

一流の大企業でも過労死する時代

毎年必ずニュースになる過労死

 

先日も電通の東大新卒の若い方が100時間を超えた時間外労働を行い、自殺を選んでしまわれました。恐ろしい話ですが、過労死という言葉に慣れてしまった方もいるのではないでしょうか。

誰もが知っているような会社で給料水準も高く、やりがいのある仕事だと思っていたけど、理想と現実のギャップはどの会社にもあると思います。

 

そもそも電通ってどんな会社?

電通って名前は聞いたことはあるのではいないでしょうか?

事業内容は、広告代理店です。

しかも国内首位

グローバルで見ると、世界5位

電通 会社概要

会社概要 - 企業情報 - 電通

 

電通のホームページの会社概要はこんな感じです。

資本金 約750億円

従業員 約7,300人(連結:約47,000人)

 

ちなみに業種によって大企業・中小企業って分け方が変わってくるんですけど、

サービス業であれば、資本金5,000万超・従業員100人超になると大企業になります。

大企業・中小企業 分け方

上図は中小企業庁から引用→中小企業庁:FAQ「中小企業の定義について」

 

大企業の中でも当然ながらトップクラスに位置する企業ですね。

 

新入社員は長時間残業が当然なのか

まだ学生の方はあまり意識したことがないと思いますけど

初めて入社した時みなさんは、残業をどのくらいしていましたか?

自分は一番最初に配属されたところが激務なところで月に60時間を数年間続けていました。

正直ふざけんな。って思っていましたけど、幸いなことに先輩や上司が良い人だったので何とかやってこれた感じです。

ただ、8:30頃に出社して夜中の22:00頃に職場を出るってのはキツかったですけどね。

ちなみに残業代は満額出ていました。会社は出すのが当然なんですが出ていない方々の話も聞くので恵まれた方だと感じてします。

 

いくら残業代が出るからといって長時間残業をするのが当たり前ってのは変ですよね。

 ですけど、朝日デジタルというネット記事にこんなのが報道されていました。

 

「残業100時間で過労死は情けない」 教授の処分検討

 

某大学の教授の方が、100時間で過労死は情けない。って・・・

もちろん批判が殺到して謝罪をされています。この件は他でも散々論じられているのでニュース等をご覧頂ければと思います。

 

過労死のライン

過労死って何時間からってのはみなさんご存知ですか?

ニュースのタイトルにもなったりしますので見かけることは多いかと思います。

よく80時間がラインと言われています。

 

厚労省 過労死ライン 白書

平成27年度「過労死等の労災補償状況」を公表 |報道発表資料|厚生労働省

 

こちらの図は厚生労働省が発表している「過労死等の労災補償状況」です。

平成26年度と平成27年度共に45時間未満や60時間未満の時間外労働では、ほぼ認定されていません。

60時間を超えるとチラホラ出てきますが、80時間を超えると飛びぬけて大きい数字になりますよね。平成27年度にいたっては約10倍にも跳ね上がります。

こういう統計から「過労死のライン」が決まっているのかな?と思っています。

 

厚労省 過労死ライン 白書2

ちなみに、精神障害をピックアップすると20時間未満が一番多いです。

こうなってくると時間外労働ってのが原因ではなくて職場環境がよろしくないのかな?って思います。

 

自分を守るためには

時間外労働ってしたくないですよね。

ただでさえ一日8時間も拘束されるわけですし、仕事から帰って寝てすぐ仕事・・・って感じだと自分の余暇が楽しめなくて苦痛じゃないですか?

 

なるべく勤務時間内に仕事を終わらせたいですが、そうするには業務を効率化するしかないですよね。

ただ、新入社員で効率化をしろ、ってのはまず無理だと思います。

先輩からOJTで学んだりしているのに急にやり方を変えるってのは関係にヒビを入れるようなもんです。

なので、一番重要となるのがコミュニケーションってことになってしまうんですよね。

先輩と仲良くなって、こうやって短縮してもいいですか?とか

上司と関係を密にして、すぐ相談できる環境になっているとか。

その職場で何年もやっている人たちにやり方を教えてもらうのが一番です。

 

同期の仲間がいる人は、その人たちと連絡を取り合うってのも大切です。

悩み相談に乗ってくれるでしょうし、口に出して話すってのはいいもんです。

 

よく言われるのは飲みにケーション

 

 

まぁ、自分はお酒が飲めないので、会社の飲み会とかほとんど参加してません 笑

でも普通にやっていけてますよ。仕事中の私語も多少許されているので結構楽しい職場です。

 

過労死。って言葉は切ない気持ちになりますけど、みなさんの職場ではそういうことが起きないような環境であることを祈っています。