独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

ヨーグルトファクトリー プレミアムを使ってみた

スポンサーリンク

東建コーポレーションから貰ったヨーグルトファクトリー

本当にヨーグルトがうまく作れるのか試してみた(`・ω・´)

 いただいた商品

前回の記事で書いた、ヨーグルトファクトリー(*´艸`)

 ヨーグルトファクトリー

これでヨーグルトが自分で作れるようになる!

 

使用する物

1.ヨーグルトファクトリー本体

2.成分無調整の牛乳(500mlもしくは1,000ml)

3.ヨーグルトの種菌

 

2の牛乳は明治のおいしい牛乳を使ったけど、ほかのでも成功はするみたい(´∀`*)

今回は評価が高かった明治ので使ってみたけど、近所のスーパーでポッポって汽車が走っているやつを買っているから、今度はそっちでも挑戦してみるつもり( ̄▽ ̄)

ポッポの牛乳

 

重要な種菌

さてさて、3の種菌はヨーグルトをそのまま、粉末タイプもあるし、ドリンクタイプもOKと来ている

粉末タイプあるかなー?ってスーパーで探したけど無かった 笑

それで普通のヨーグルトでやってみました。

評価が高いR-1ってヨーグルトで挑戦("´∀`)b

 

 

これ1個120円とかしてめっちゃ高いんだけど、ヨーグルトが作れるなら安い種菌より高い種菌の方が良いよね(∀`*ゞ)

 

作ってみる

まずは箱から出して、本体を確認

ヨーグルトファクトリー開封 

うわー、ただの箱(´∀`)笑

単純に40度ぐらいに温めるだけだから作りは簡単なのかな?(・∀・)

 

説明書には

500mlの牛乳なら、プレーンヨーグルト25~30ml カスピ海なら40~50ml

1,000mlの牛乳なら、プレーンヨーグルト50~75ml カスピ海なら90~110ml

 

と書いてある(*‘ω‘ *)

 

今回用意した牛乳は500mlだからヨーグルトは25~30mlでいいみたい。

 

 R-1ヨーグルト

 

1個112gだから1/4ぐらいってことで、このぐらい入れてみた。

 

残りはおいしく食べちゃった(*´艸`)

 

成功させる秘訣

最初に牛乳パックをレンジでチンし、人肌程度にしてからヨーグルトを入れること!

大体3~4分程度で人肌になるよ(´∀`)bグッ

 

これさえすれば、あとは容器に入れて電源ボタンをポチッと押して、待つだけ!

時間は8時間で自動で切れる設定になっているので楽ちん(´∀`)

 

夜中にスイッチを押してからぐっすり寝て朝を迎えた(`・ω・´)

 

翌朝には

できてるかな?

できてるかな??(゚Д゚)

ヨーグルト発酵成功1 

 

きたーーー(*ノωノ)

 

ヨーグルト発酵成功2 

この写真でわかるかな・・・?(;´・ω・)

 

いい感じで固まってる!

 

ただ、この温かい状態で食べるとマズいらしい 笑

当然ヨーグルトのパックを触ると温かい( ゚д゚)

最後に冷蔵庫で冷やす

軽く常温に戻してから冷蔵庫に入れて24時間ぐらい経ったら出来上がり(^^♪

 

冷やしたのがこれ!!

 

ヨーグルト発酵後、冷蔵庫へ 

さらにいい感じで固まってるーーー(; ・`д・´)

 

盛り付け

スプーンで取ってお皿に盛り付け(*´艸`)

 自作ヨーグルトの盛り付け 

(-ω-;)ウーン

ヨーグルトを綺麗に盛り付ける方法はあるのだろうか・・・笑

 

食べてみる

食べてみると・・・!

 

 

お・・!

 

お・・・・!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R-1の味がまったくしない!!!!!!!!

 

 

やべー笑

 

R-1ができると思ってた 笑

 

でも砂糖も何も入っていないし、牛乳がヨーグルト菌によって発酵しただけだから

味がR-1になるわけないよね 笑

 

ただのプレーンヨーグルトになったよ(´ω`)

でも菌はR-1だから健康にはいいんだよね・・・?

ね・・・?

 

そうだと信じて食べ続ける(´;ω;`)

 

ちなみにフルグラにかけたり、はちみつをかけたりして食べたよ(^ー^* )

手軽に作れてすごい便利だし、毎日食べる人にはいいと思う!

値段も安いし、オススメ商品("´∀`)bグッ!

  

前回の記事→東建コーポレーションから優待到着