株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3198】SFPホールディングス 株主優待の贈呈(2020年)

スポンサーリンク

SFPホールディングス 株主優待

SFPホールディングス(株)【3198】

海鮮の居酒屋として知名度が非常に高く、磯丸水産は度々メディアにも取り上げられるほどです。

鳥良も人気の高く、この2ブランドが主力となっています。

どんな会社?

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの傘下に入っています。

海鮮メインの居酒屋を立ち上げ、ここまで人気を博したのは磯丸水産が初めてのことでしょう。

今までの居酒屋ではおつまみ、お肉、サラダといった定番メニューが多かったわけですが、海鮮を専門とした居酒屋業態はあまり見ることがありませんでした。

そもそも居酒屋で専門性に特化させたのは磯丸水産の大きな功績といえます。

水槽から引き揚げたばかりの活貝や蟹味噌甲羅・エビを目の前のテーブルでBBQ感覚で焼いて楽しむスタイルです。

磯丸水産 コンロ

このように各テーブルにコンロが設置されていますので、自分のお好みで焼いて楽しめます。

若い人にも人気の店舗としてテレビ出演等も多く、知名度が高い居酒屋です。

株式情報

株主優待は自社で使用できるお食事券がいただけます。配当金も含め、各々を見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:2月 8月 年2回

保有数 株主優待
100株 ¥4,000
500株 ¥10,000
1,000株 ¥20,000

株主優待メインで考えるのであれば100株一択です。

磯丸水産等でクリエイト・レストランツの株主優待券が使用できるようになっています。ただし、逆の使用はできません。

SFPホールディングスの株主優待券をクリエイト・レストランツでの使用は不可です。

ここらへんの違いは何なんでしょうね。上下関係でもあるのでしょうか。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,600 2020年6月時点
100株 ¥160,000  
株主優待 ¥8,000  
配当金 ¥1,300  
利回り 5.81%  

総利回りは5%の大台に乗っています。

配当金は半期ごとに1株13円が出ていたのですが、先の見通しが立たない状態になっています。

通常通りであれば年間2,600円が頂ける計算でした。そうなると利回りは7%近くと高利回りの部類でしたが、昨今の経済情勢から考えると難しいものがありますよね。

株主優待のお食事券は年間で8,000円いただけるのは現段階では変わりありません。

1,000円単位でしか使用できませんが、豪華なランチを8食頂けるのは助かっています。