とよの株式投資

中長期のバリュー・配当・優待の株式投資

株主優待 ビックカメラ お買物券の贈呈(2019年)

スポンサーリンク

株主優待 ビックカメラ 2,000円分のお買物券

(株)ビックカメラ【3048】

家電量販店の大手企業でソフマップ・コジマを傘下に加えている。

業界最大手は依然としてヤマダ電機が首位を独走しているけど2位のビックカメラが追いつけるかどうか・・・!

株主優待

権利確定月:2月 8月 年2回

 

100株:2,000円、1,000円

500株:3,000円、2,000円

1,000株:5,000円、5,000円

10,000株:25,000円、25,000円

 

前期と後期で若干贈呈額が変わる(゚Д゚)

1,000株以上になるとフラット化するけど、株主優待の魅力は薄れていってしまうね

 

【長期保有特典:100株以上(8月のみ)

 

2年未満:1,000円

2年以上:2,000円

 

利回り

1株:1,074円(2019年7月時点)

 

100株:107,400円

株主優待:5,000円(長期保有特典の場合)

配当金:2,000円

 

7,000÷107,400=6.5%

 

ビックカメラの最安値保証

PayPayの20%キャンペーンの時に大型家電を購入した時の話だけど

今の家電量販店の値引き交渉の融通さは群を抜いて凄いことになってる(゚Д゚)

 

2010年ぐらいの10年前?笑 の古い情報だけど、近隣店舗の価格より高ければ最安値に合わせます!というのが営業さんと交渉できる範囲だったんだよね。

価格.comの金額に合わせられますか?と聞いてみるとネットは人件費等がかからず比較できないんですよー。という回答ばかりΣ(゚д゚lll)ガーン

 

でも2019年。約10年の月日が経つと色々と勢力図も変わるせいか柔軟性が非常に良くなっている。

例えばこんな商品があったとしよう!

ビックカメラで店頭価格100,000円

 

価格.com  :70,000円(最安値)

価格.com  :88,000円(ビックカメラ.com)

価格.com  :85,000円(ヤマダウェブコム)

 

今回はビックカメラの店員さんに、この商品欲しいんですけどネット価格に合わせられますか?と相談すると

どこのサイトをご覧になっていますか?とお返事が来て、価格.comです!と回答する。

 

自分の持っていた古い情報であれば、実店舗の競合であるヤマダウェブコムの85,000円に合わせますね。

で喜んで終わっていたんだけど、普通に価格.comの最安値のネットショップと同額である70,000円まで値引いてくれた。

さらに10%ポイントも付与

 

は?!(゚Д゚)

 

今はAmazon・楽天市場で購入する人が多いし、実店舗で商品を見てから価格.comの最安値サイトで購入する。という人も増えているよね。

いやはや、それにしてもネットショップより安い金額で提示してくれるとはビックカメラ恐るべし。

 

次から家電系を買うときはビックカメラの店員さんに相談してから買うことにしよう 笑