独法職員の株主優待日記

DIY・株主優待 などの備忘録ブログ

株主優待 ビックカメラ お買物券の贈呈(2018年)

スポンサーリンク

株主優待 ビックカメラ 2018年

(株)ビックカメラ【3048】

長期保有特典が非常に美味しいビックカメラ

使い勝手も素晴らしく長らく恩恵にあずかっている

株主優待

権利確定月:2月 8月 年2回

 

100株:2,000円、1,000円

500株:3,000円、2,000円

1,000株:5,000円、5,000円

10,000株:25,000円、25,000円

 

【100株以上の長期保有特典(8月のみ)】

1年以上:1,000円

2年以上:2,000円

 

10,000株の株主優待を設定しているのは珍しい。

普通の株主優待は個人投資家向けで10,000株も投資できる人はそうそうね...。

 

利回り

1株:1,529円(2018年11月時点)

 

100株:152,900円

株主優待:5,000円(2年以上保有の場合)

配当金:2,000円

 

7,000÷152,900=4.6%

 

配当金が12円から20円に上がったおかげで利回りもかなり上昇してくれてありがたい限り(*´艸`)

 

堅調な業績

売上も順調に上昇し、営業利益もそれを超える割合で上昇している。

販促費などの宣伝等にお金をかけずとも業績が右肩に推移しているのは見事なものだね。

 

売上は上がったが、宣伝等の費用がかさみ純利益は生み出せない。営業利益も目標に達成せず。という企業もよく見かけるよね。

その宣伝費が1年後、3年後、10年後も効果があるのなら大いに結構だけど、単発でしか効果が得られない宣伝で営業費用だけが膨らむのは失策だから勘弁してほしい(´・д・`)

 

ビックカメラは良い業績を出しているけど、そもそも家電量販店全体的が上向き調子であるから業績不振になってしまうのは・・・(゚Д゚)

社会全体の景気の上向きが効いている証拠なのかな?

でも、家電量販店の雄であるヤマダ電機が業績不振という報道がされていたのは記憶に新しい。

そもそも「家電」ではなくて日用品・食料品なども手掛けているから手探り状態ではあるんだろうけど。

そして住まいる館と家具まで手を付けている。ニトリと競合するんだろうけどうまくいくのか見ものだね(。・ω・))

 

結果次第でビックカメラも追随するのかな?