株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【9979】大庄 株主優待が届きました。

スポンサーリンク

大庄 株主優待

(株)大庄【9979】

居酒屋大手のチェーン店で「庄や」が主力ブランドです。居酒屋だけでなくカフェや物流などの業態も展開しています。

どんな会社?

「ハイ!よろこんで」を合言葉にしており、非常に活気のある店舗運営をしています。

メインブランドの庄やだけでなく、系列店でもスタッフさんの活気は群を抜いていると思います。

居酒屋事業が主力ですが、寿司事業や肉専門事業、カフェ、サービスエリア運営などと多角化を進めています。カフェはデニッシュ食パンのMIYABIのブランドで運営していますが、店舗数は少なく、東京都に3店舗(大森、神谷町、神保町)のみです。

ただ、評判は高くMIYABIのデニッシュ食パンを用いたハニートーストも召し上がれることができます。近くにお立ち寄りの際は是非来店されるのをオススメします。

株式情報

本社は東京都大田区に位置し、決算月は8月です。

ここ最近の業績は芳しくなく、無配となっていますが株主優待は継続されています。利回りと併せて見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:2月 8月 年2回

保有数 株主優待
100株 ¥3,000
500株 ¥6,000
1,000株 ¥12,000

権利区分は100株から1,000株までありますが、利回りを考えると100株一択になります。

500円券×枚数で頂け、全国的に展開しているチェーン店かつランチにも使えるため、利便性はとても高いです。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,061 2022年5月時点
100株 ¥106,100  
株主優待 ¥6,000  
配当金 ¥0  
利回り 5.66%  

直近の業績は低迷しており、営業赤字と当期純損失の状態となっています。

そのため、配当金は2019年:14円、2020年:6円、2022年:0円と悪化していっています。株価もそれに応じて大幅下落となり1,000円付近をウロウロと抜け出せない動きとなっています。

株主優待が年間で6,000円も頂け、利回りが5%超となっているのが株価を維持している最大の要因です。このまま株主優待を維持しつつ、配当も復配まで持っていってほしいものです。多くの居酒屋が事業転換をしている最中ですが、大庄の身の振り方がどうなっていくのか注視は必要です。