株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3073】DDホールディングス 株主優待の贈呈(2020年)

スポンサーリンク

DDホールディングス 株主優待ポイント

(株)DDホールディングス【3073】

多くのブランドを手掛け、メディアにも頻繁に出てくるお店が多いです。

食事の味を楽しむだけでなく、食事をしている空間の提供もしています。

以前は世界一のエンターテイメント企業グループがキャッチコピーでしたが、現在はオープンイノベーション企業を目指すと公言しています。

どんな会社?

ダイヤモンドダイニング・バグース・ゼットン・商業藝術・エスエルディー等の飲食店やバーを運営しています。

その他にもウェディング事業やカプセルホテル等も行っており、非常に多彩です。

開発力は目を見張るものがあり、2010年時点で100店舗100業態を達成しています。

これは本当にすごいと思います。一つの成功した店舗を各エリアに広げるのが普通の経営手法でしょうが、DDホールディングス(以下、DDHD)は広げたとしても数えられるほどしか展開していません。

既存の店舗より新しい店舗を次から次へと開発し、色々な楽しみをお客さんに提供しています。

更に食事で笑うという意識も抱いています。味を追求すると謳わず「笑う」です。

どうすればお客さんが喜ぶのか?を研究し実践している企業なのは店舗に足を運んでみると自ずと分かるかと思います。

味で楽しむ。目でも楽しむ。私がDDHDを保有し始めたのは2013年頃ですが、エンターテイメント企業と名乗っていても看板に偽りなし。と思っていました。

2020年現在はオープンイノベーションと名乗っていますが、これまた偽りはないと感じます。

ダイヤモンドダイニング

当初の商号はDDHDではなく、ダイヤモンドダイニングでした。

M&Aを活発に行い徐々にホールディングス化へと移行しています。多くの企業がホールディングスへ舵を切り出したので時代の流れですね。

イヤモンドイニングの略称としてDDが生まれた訳ですが、令和の新時代ではDynamic & Dramatic(ダイナミック アンド ドラマティック)を掲げています。

開発力がある企業が名乗ると納得のいくフレーズです。

さて、それではどのような飲食店があるのでしょうか?

一つ挙げますとわらやき屋があります。

株主優待 ダイヤモンドダイニング わらやき屋

ダイヤモンドダイニング グループ一覧

料理の味はもちろん美味しく、素材の良さはしっかりと感じられました。

更に藁焼きのパフォーマンスも見ることができます。厨房がガラス張りになっているので藁から一気に炎が舞い上がるのは圧巻です。

目でも楽しませ、食で笑う。コンセプトはお見事です。

ダイヤモンドダイニングだけで40ブランドが運営されています。店舗ではなくブランドです。各々の個性を大切にする姿勢は素晴らしいです。

そしてその他のブランドでは、どのような楽しさがあるのか見たくなるのは必至でしょう。

バグース

2011年に完全子会社化された会社です。商号はインドネシアの言葉で「最高」という意味だそうです。

ダーツやビリヤードが楽しめる店舗で、オシャレなバーとしても運営されています。

お酒を嗜む方であれば二次会で使用される方も多いかもしれませんね。

また、グランサイバーカフェという名称でインターネットカフェも運営されていますが、主な展開先が東京エリアとなっていますので利用できる方は限られてしまいます。

私はランチブッフェをよく利用し、広場のブース等でバイキングも積極的に提供してくれていますので、お酒が飲めない方でもバグースは楽しめます。

ゼットン

2016年に持分法適用会社になり、翌年2017年に連結子会社化しています。

ハワイでの飲食店経営も担っているためか、ALOHA(アロハ)というお店を多く展開しています。ランチのロコモコは安定の美味しさです。

その他に、神南軒などのオシャレな飲食店も運営しておりドラマ等の撮影にも使われるほどの内装で、食事の味も満足いく美味しさでした。

商業藝術

2017年に完全子会社化しています。

商号に藝術という文言が入っているようにあなたを上映する。といったキャッチコピーが印象的です。毎日の一瞬が積み重なり、人生という映画が繰り広げられる。

食事の時も、ブライダルの時も共に創っていこう。ということらしいです。

飲食店を見ていきますと、chano-ma・24/7・石堀小路豆ちゃ等を営業しています。

子会社化によって株主優待の幅が広がったのは非常にありがたく恩恵を得ています。

エスエルディー

2019年に完全子会社化しています。

主なブランドは瓦kawaraカフェで、音楽・アート・食のカルチャーコンテンツを企画・融合させる事業を行っています。

2017年・2018年に大幅な赤字を計上し、このまま経営が出来るのか懸念ではありましたがDDHDが買収に動きました。

エスエルディーのコンセプトはDDHDにも合っているでしょうし、kawaraカフェのクオリティも中々の物ですから目の付け所は見事だと思います。

そして、2019年に早々に黒字化し2020年も黒字で決算を終えています。

食材の流通コストや各店舗のシステムのノウハウをDDHDから享受できているのは大きいかと思います。

また、人材面もDDHDで研修を一括管理しているためコストの削減および、接客クオリティが全店舗で高められるのも一つの要因でしょう。

 

株式情報

DDHDのブランドが多く、会社の列挙が長くなってしまいました。

グループ会社の飲食店で使用できる株主優待と配当金を見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:2月 年1回

保有数 株主優待
100株 ¥6,000
600株 ¥12,000
1,200株 ¥24,000
6,000株 ¥36,000
12,000株 ¥48,000

上表の金額分のDDポイントもしくは 、お食事券が贈呈されます。

DDポイントであれば1円単位で使用できますのでメリットが大きいです。更にディナー等では10%のポイント付与も魅力です。

以前まではDDポイントと自社選定商品が交換できたのですが、交換システムが廃止され店舗使用のみに切り替わりました。

家電や旅行券にも交換できたので、それを目当てに貯めていた人はガッカリしたかもしれませんね。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,035 2020年5月時点
100株 ¥103,500  
株主優待 ¥6,000  
配当金 ¥1,800  
利回り 7.54%  

100株の利回りは非常に高くなっています。

配当性向が大体12%~17%あたりなのですが、2020年は望みは薄いかと思います。

例年であれば1株10円以上出ていたので有難く頂戴していましたが致し方ないですね。

株主優待の拡充

株式分割が度々行われ、新規参入もしやすく多くの株主が保有しやすくなっています。

内容
2014年 株主優待額面を20%上昇
2015年 株式分割1:3で実施。100株の優待を新設。
更に株主優待額面を約33%上昇
2017年 株主優待額面を50%上昇
2019年 株式分割1:2で実施

私が保有を始めたのが2013年からですので、2014年以降の推移が上表のとおりです。

2013年の時は100株で5,000円、200株で10,000円でしたので200株を保有しました。

そのため、200株→600株→1,200株と順調に増え続けて、永久ホールドの予定です。

飲食店も非常に魅力的ですし、株主優待も100株での利回りは高いのでオススメできる銘柄です。