株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3003】ヒューリック 株主優待カタログ冊子の到着(2021年)

スポンサーリンク

ヒューリック 株主優待カタログ2021年

ヒューリック(株)【3003】

不動産業を営んでいる会社で、都内の駅近に多くのビルを保有しています。

どんな会社?

東京23区の好立地の場所にビルを保有している会社で、立地にかなり重点を置いた経営戦略を行っています。

エリア ビル名
新宿 ヒューリック新宿ビル
渋谷 渋谷パルコ・ヒューリックビル
銀座 ヒューリック銀座数寄屋橋ビル

誰もが認める一等地エリアで、駅から徒歩5分圏内にビルを構えているケースが多いです。

不動産を爆買い

更に2020年から2021年にかけて新型コロナウイルス感染症に伴い、企業が一級地にある自社ビルを多く売りに出しました。買い手にはヒューリックも多く名を連ねています。

・ティファニー 銀座本店ビル

・リクルート GINZA8ビル

・電通 東京汐留 本社ビル

・NEC 相模原事業地

ここ1年の間で一級地・高収益が見込める不動産を大量に購入していますが、セールアンドリースバック契約が主体のようです。

簡単に言うと「不動産を売却するけど、引き続きそこを利用させてね。」といった内容です。

セールアンドリースバック

セールアンドリースバックの大きなメリットは、自社ビルを売却することによって大きな資金調達が可能となる上、ビルはいつも通り使用することが出来るところです。

リース料はヒューリックへ支払わなければなりませんので、経費で計上することになります。

また、普通の売却ではありませんので「買戻し」の条項が付されている契約も多いのが特徴的です。

この社会情勢ですから、まずは事業資金の確保をします。数年後に業績や財務が安定した段階でヒューリックから買い戻す。などの手法が取られます。

銀座などの一級地を売りに出してしまうと、次に購入しようと思っても希望の土地はほぼ得られませんから、この取引方法は大きなメリットがあります。

自社ビルの売却のメリットも大きいですが、買い手であるヒューリックにはリース料に加えて、将来の売却益も見込めるので非常に美味しい話です。

都心の一級地かつ不動産大手のヒューリックですから、銀行も大量の資金を融通しても問題ないでしょうしね。

 

このようなスキームが出来るのはやはり体力がない不動産業者では不可能です。

高収益不動産を多く持ち、不動産賃貸事業・不動産販売を手掛けている地位を確立した企業のみが出来る戦略です。

株式情報

株主優待はカタログ商品が贈呈されます。

不動産業ならではの高配当銘柄でもありますので、順に見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:12月 年1回

保有数 株主優待 備考
300株 ¥3,000 3年未満
¥6,000 3年以上

株主優待の権利が得られるのは300株からなのでご注意ください。 

長期保有特典もあり、3年以上であれば商品を2点選べるようになります。

公式HP:ヒューリック株主優待IRでは3,000円相当のグルメカタログギフトと記載されていますが、該当カタログはリンベルのサターンになります。

このサターンコースの販売価格は4,000円なので、よりお得感を与えてくれます。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,213 2021年3月時点
300株 ¥363,900  
株主優待 ¥3,000  
配当金 ¥11,400  
利回り 3.95%  

実際のカタログは4,000円ですが、ヒューリックの公式HPで3,000円相当と謡っていますので、3,000円で計算しています。

総利回りは約4%で、配当金単体で約3%も出ています。さすがは不動産銘柄で、配当金はしっかりと出しています。

不動産は沈むときは一気に沈むので投資判断が難しいところではありますが、株主優待・配当共に魅力的なんですよね。

株主優待の一部商品

ヒューリック 株主優待 マルコポーロ

お惣菜・お菓子・果物・お酒・紅茶などなど、あらゆるグルメを網羅しています。

あまり紅茶に詳しくはないのですが、マルコポーロの香りはすごく好みで愛飲しています。

①マルコポーロ

②ラトナピュラ

以上の2種類の茶葉の詰め合わせです。

ラトナピュラは紅茶と言えばコレ、といった風合いです。

グルメカタログは万人受けする物が多いので、貰って嬉しい株主優待の一つですよね。

明太子・お肉・お米等、本当に品数は豊富で選ぶ楽しみがあります。