株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3539】JMホールディングス 株主優待のお肉の贈呈(2021年)

スポンサーリンク

JMホールディングス(ジャパンミート)の株主優待のお肉

(株)JMホールディングス【3539】

旧商号はジャパンミートで、大量のお肉が届く株主優待ということで非常に有名です。

2022年以降は長期保有が加わりますので、ご注意ください。

どんな会社?

2020年2月1日付でJMホールディングスの持株会社体制に切り替わりました。これにより意思決定の迅速性が増し、経営効率化を図り企業価値の向上を目指しています。

事業としては旧商号に「ミート」とあるように精肉関係に強みを持っています。地盤は茨城県で関東近郊を中心にスーパーを展開しています。業務系で有名な「肉のハナマサ」を運営している会社でもあるので、お店の名前を聞けば親近感が湧くかもしれませんね。

株式情報

本社は茨城県土浦市に位置し、決算月は7月です。

株主優待は肉テロと名高い大量の冷凍肉が届きますので、冷凍庫の確保が必至です。

株主優待

権利確定月:7月 年1回

保有数 株主優待
100株 ¥2,000
500株 ¥3,000
1,000株 ¥5,000
10,000株 ¥10,000

上表の金額分のお肉が届きます。冒頭の写真は100株権利分です。

内訳は、国産鶏むね肉2kg、豚ばら肉、豚切り落とし各340gずつの合計3点。全て国産品です。大量に届くの冷凍庫の確保が事前に必要で、家族分で複数名義を保有されている場合は保管スペースの確保がほぼ無理なぐらいでSNSで一種のお祭り騒ぎになるのが恒例です 笑

10,000株の保有だとサーロインステーキまで頂けますが、投資金額的に手が届かないので100株一択になると思います。

また、2022年7月権利分より半年以上の継続保有条件が発生し、2023年からは1年以上となりますので、ご注意ください。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,725 2022年3月時点
100株 ¥172,500  
株主優待 ¥2,000  
配当金 ¥3,000  
利回り 2.90%  

総利回りや約2.9%とそこそこですが、株主優待がボリュームがすごいので満足感があります。配当金単体では約1.7%と低いうえ、株価も乱高下しているので500株、1,000株と買い増しはしにくいかもしれません。

業績

7月銘柄ということも希少性が高く、投資金額も20万円未満と手が出しやすくもあります。財務的にも売上高、経常利益、当期純利益と好調な数字を叩き出しています。

新規出店も続々としていますので、今後の業務拡大の展開にも注視したいところです。特に外食事業。精肉に強みがあるお店の焼肉店がどのようなものなのか気になります。

食べ放題ではありませんが、メニュー単価もお安く非常に魅力的なラインナップを取り揃えています。茨城県での出店がメインで、東京都の出店はしていないため伺える機会は少ないですが、一度は来店してみたいお店です。