とよの株式投資

中長期のバリュー・配当・優待の株式投資

株主優待 キーコーヒー コーヒーの詰め合わせ(2019年)

スポンサーリンク

キーコーヒー 株主優待 2019年

キーコーヒー(株)【2594】

コーヒーの株主優待は希少だけど、優待目当てで保有する人はどれだけいることやら・・・笑

利回りがあまりに低いのが∑(ノ∀`*)アチャー

株主優待

権利確定月:3月 9月 年2回

 

100株:1,000円

300株:3,000円

1,000株:5,000円

 

300株までは比例して株主優待の贈呈額は上昇していくけど、1株単価が高いのでコスパが(゚д゚)

この頃は配送コスト等を軽減するために年2回から1回に切り替える企業も多くなってきたけど、キーコーヒーは行わないのかな?

コーヒーは嗜好品といえども1個あたりの単価はたかがしれている。1,000円相当だと3品なのに大きさが結構ある・・・笑

ヤマトの60サイズが1,000円前後ってことを考えると配送コストがバカにならないね。

 

利回り

1株:2,132円(2019年5月時点)

 

100株:213,200円

株主優待:2,000円

配当金:1,800円

 

3,800÷213,200=1.8%

 

うん、計算するまでもなく低利回り 笑

そのかわり景気に左右されにくく安定しているのが魅力だね(o'∀'))ゥンゥン

 

驚異の安定度

キーコーヒーに限らずだけど、食料品の超大手メーカーの安定度はお見事の一言に尽きる。

 

1月を基準で見てみると以下の推移になっているよ。

2010年:約1,500円

2011年:約1,500円

2012年:約1,500円

2013年:約1,500円

2014年:約1,500円

2015年:約1,500円

2016年:約1,800円

2017年:約2,000円

2018年:約2,000円

2019年:約2,000円

 

2015年に大きく上昇したけど、他企業と比べると正直見劣りしてしまう。

上がったら下がる。下がったら上がる。という波を打つチャートを見ることが多いと思うけど、こういう業態はほぼヨコヨコ状態をキープするのが特徴的だね。

2018年は下降トレンドに入っている企業が多かったけど、キーコーヒーの株価はほぼ変わらず非常に安定している。

大暴騰することはなく夢を得る投資は得られにくいけど、大暴落するリスクも低い。

 

こういった安定株であれば総利回り1.8%も納得できるんじゃないかな?

銀行の10年定期預金が0.01%~0.04%っていうのを考えると、株式投資の勉強をした方が将来的のメリットは高いと思うんだ(´∀`*)

 

まぁ、配当利回り4%以上を狙う、って人も、1%でいいから安定を求める人も色々な投資スタイルがあっていいけどね( *´∀)