株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【9278】日本管財 株主優待カタログの商品が届く(2020年)

スポンサーリンク

株主優待 日本管財 煮込みハンバーグ

日本管財(株)【9728】

ビルの総合的なメンテナンスを手掛けている会社です。CMも流しているので見かけている人もいるのではないでしょうか。

どんな会社?

建物の総合整備などを行っており、ビルや住宅の清掃・警備を中心にした総合管理会社です。業界の中では、ビルのお医者さんと評価されるほどの絶対的な信頼を得られています。

No 業務セグメント 売上比率
1 建物管理 69%
2 住宅管理 17%
3 環境施設 10%
4 不動産ファンドマネジメント 2%
5 その他 2%

※54期:2018年度の決算情報

売上としては、建物管理がエース級の働きをしています。

遠隔地の建物をオンラインで一括管理・スマートフォン用のアプリを開発など、業務効率化・最大化への投資をしっかり行っています。

 

株式情報

株主優待はカタログ品を選び、保有年数によって頂ける金額が変わってきます。

配当金もしっかりと出ていますので、詳細を見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:3月 9月 年2回

保有年数 100株 備考
3年未満 ¥2,000 ギフトカタログ
3年以上 ¥3,000  

保有数は100株のみですが、年数に応じていただけるカタログギフトの掲載内容が変わってきます。

長期保有になるが故、リストに掲載されない商品も出てきまして

2,000円カタログの時に頂いたiwakiのガラスボウルをまた欲しいなぁ...と思っていたのですが、3年以上保有の3,000円カタログには姿を消しています。

上位互換版が出てくれれば嬉しいのですが、中々そこまで調整するのは難しいんでしょうね。

3,000円になってからは食品を多く選ぶようになりました。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,961 2020年1月時点
100株 ¥196,100  
株主優待 ¥6,000 3年以上
配当金 ¥5,000  
利回り 5.61%  

利回りは5%を超えて高利回りの部類に入ると思います。

何よりありがたいのは、業績が非常に安定していることから株主優待の継続性・配当金の安定実施です。配当金単体で見ても2.5%が出ているのは心強いです。

日本管財 SBI証券 保有状況

こちらの画像は、私が使用しているSBI証券の日本管財の保有状況ですが、そういえば、1:2に分割していましたね。

最低単元で保有し続けても分割の恩恵も受けられますし、15万円の投資のリターンが毎年1万6千円となると利回りは10%を超えています。

あと2年程度で投資金額以上の株主優待と配当金を頂く計算になるため、株価を気にしなくても損失が出なくなります。ここまで来ると永久保有銘柄です。

これまでの株主優待

後ほど掲載します。