とよの株式投資

中長期のバリュー・配当・優待の株式投資

株主優待 サムティ 宿泊券の贈呈(2019年)

スポンサーリンク

株主優待 サムティ 宿泊券 2019年

サムティ(株)【3244】

宿泊券の株主優待は珍しく、配当利回りが高いのも魅力的。

ただ宿泊券が東京と大阪の1枚ずつしかなく使いづらい感は否めないけどね。

株主優待

権利確定月:11月 年1回

 

100株:センターホテル東京・大阪 3,000円割引 各1枚

300株:センターホテル東京・大阪 無料宿泊券 各1枚

1,500株:センターホテル東京・大阪 無料宿泊券 各1枚、および天橋立ホテル5,000円 割引 4枚

 

300株を保有しないと無料宿泊券の権利が得られないのが難点。

 

利回り

1株:1,481円(2019年3月時点)

 

300株:444,300円

株主優待:10,000円

配当金:22,500円

 

32,500÷444,300=7.3%

 

ビジネスホテルの宿泊費を5,000円と仮定した場合の利回りではあるけど、配当金だけで計算をしても5%を超える高配当銘柄だね。

株主優待を使える人であれば更に魅力度は高まる。

毎年、東京だけは宿泊してみようと思うけど実現には中々至らず・・・。

 

経営指標

PER:6.8倍

PBR:1.0倍

ROE:13.8%

ROA:5.2%

自己資本比率:37.9%

配当性向:31.9%

売上・利益:ここ数年で飛躍的に上昇。

 

【当期純利益】

2015年:44億円

2016年:46億円

2017年:56億円

2018年:85億円

 

直近8年での当期純利益の赤字はなし。

2019年の予想は90億円の黒字と公表されている。

ただ、キャッシュフローはお世辞にも良いとは言えない。

2018年は営業CFが良い感じだけど、それより以前の年の営業・財務CFはかなりひどい。

銀行に対する返済より新規借入の方が多いという・・・。

ただ、事業に未来性がなければ銀行も貸付はしないだろうと思うけど純利子負債が増える一方なのが不安要素の一つでもある。

損益計算書は良い数字なんだけど、このキャッシュフローは一体・・・

 

2019年2月頃にレオパレスの施工問題で世間を賑わせていたけど、不動産関連会社は損害賠償に対して、どのくらい体力があるかを見極めるのも大切だね。

 

センターホテル

株主優待券で利用できるセンターホテルは以下の2点

 

1:東京都中央区日本橋兜町15番13号

2:大阪府大阪市中央区北浜 3丁目2番18号

 

どちらも立地は申し分なく、確か朝食付きだったと記憶している。

よくあるビジネスホテルの朝食ブッフェだったかな?

株主優待券を使用しての宿泊は本人確認が徹底されているので事前に電話予約をしっかりしておかないといけないね。