とよの株式投資

中長期のバリュー・配当・優待の株式投資

【4837】シダックス 株主優待 ワインとカラオケ(2019年)

スポンサーリンク

株主優待 シダックス ワイン 2019年

2019年度から株主優待が変更となり、自社グループ商品とカラオケシダックスで使用できる優待券の金額が概ね逆転しました。

500株で25枚(13,500円)頂けていたのが、10枚(5,000円)に減額してしまったので、カラオケメインで使用していた人にとっては改悪になってしまいましたね。

どんな会社?

カラオケ事業を展開していましたが業績悪化に伴い2018年5月末にカラオケ館に事業を売り渡しました。かつてのカラオケといえばシダックス、業界の雄がまさかの撤退となり市場を騒がせました。

その後は、アウトソーシング(外部委託)事業に転換し業績の立て直しを行っている最中です。

例えば、社員食堂・学生食堂・学校の給食・医療施設の食堂などの俗にいうBtoBの割合を引き上げています。

他にもケータリングや、株主優待の商品でもあるワイナリーなど、個人向けの業態も継続的に事業展開しています。

 

ただ、膿を出し切った後で急激な回復まではいかず、赤字額は縮小していますが健全な黒字経営にはもう一歩足らないといったところです。ここ5年は営業利益CFが全くない状況ですが、2019年4月~6月期は前年と比べて経常利益が13億円の赤字から4.7億円の黒字に改善されたのは評価できます。ただ特別損失も計上しているので第1四半期は赤字になってしまっていますけどね。

2019年度の業績がどうなるか注視しておきましょう。

 

株主優待

権利確定月:3月 年1回

 

100株:2,000円相当の自社商品 or 2,700円のカラオケ優待券

500株:12,000円相当の自社商品 or 5,400円のカラオケ優待券

 

カラオケメインで使用するのであれば100株一択です。

ワインが欲しければ500株まで保有するの手でもありますが、前述の通り業績の安定性が微妙なところなので判断は難しいです。

 

利回り

1株:228円(2019年8月時点)

 

100株:22,800円

株主優待:2,700円(カラオケ使用)

配当金:0円

 

2,700÷22,800=11.8%

投資金額が2万円台にも関わらずの高利回りです。

カラオケで使用できる株主優待券がいつまで続くかは非常に不透明ですし、株主優待自体もどうなるんだろう?と懸念してしまいますね。

ちなみに、500株のワインでも10.5% の利回りです。

 

伊豆ワイナリー ワイン

株主優待 シダックス 赤ワイン・白ワイン 2019年

そんな株を500株保有しておりまして、6,000円相当の商品を二つ注文しました。

ワインが飲めない人のためにブドウジュースの選択肢もあるので安心です。

今回は赤1本・白1本を2セットの合計4本をいただきました。

金額にして1本あたり3,000円のワインなので個人的には高価だな、と思います。

高級スーパーとして名高い成城石井のワインで不動の人気なのが、ファットリア・ディ・マリアーノ エバ 750ml 2,190円(税抜)なのでそれよりも高いことになりますね。

 

赤ワインを飲んでみると辛口めで、白ワインの方はサッパリとしていて好きな部類の味でした。

 

www.shidax.co.jp

 

また、日本ワインコンクール2019金賞を受賞するほどなので、品質管理は徹底されているのが分かりますね。ただ、受賞されたものが届いたわけではありませんが・・・笑

 

これまでの株主優待

2017年

株主優待 シダックス 2017年