株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【1911】住友林業 高配当金を頂きました。

スポンサーリンク

住友林業の配当金で、高配当銘柄に位置付けられます。

住友林業(株)【1911】

イメージキャラクター「きこりん」で有名な住友林業です。ハウスメーカーでも不動の人気を誇っています。

どんな会社?

商業にも林業と名が付いているとおり、木を軸にした事業展開をしています。木を植えるところから始まり、伐採・加工・建築などを担っています。

森林の保有面積は約4.8万haと広大な土地を管理しており、日本の国土の割合で言うと約0.125%ですが、一つの企業がこれほどの土地を有するのはそうそうないでしょう。

※参考面積

東京ドーム:4.7ha

東京ディズニーランド:51ha

東京都:21.9万ha

森林があると土に根が張り、大雨や洪水の水害の被害を最小限に抑えてくれるという社会的役割もあります。ただ植えるだけでは健全な森林にはなりませんので、適正な伐採計画も含めて大変重要な事業を行っています。

株式情報

本社は東京都千代田区に位置し、決算月は12月です。

株主優待は実施されていませんが、配当金がとても魅力的となっています。

株主優待

株主優待は残念ながら実施されていません。知名度も抜群で、個人投資家を集めるメリットも薄いため、今後も新設される見込みはほぼないと思われます。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥2,315 2022年9月時点
100株 ¥231,500  
株主優待 ¥0  
配当金 ¥12,500  
利回り 5.40%  

2022年の中間配当は40円予想だったところが60円に増配されました。期末配当は65円が予定されているので、総額は1株125円の利回り約5.4%と高配当銘柄に位置しています。

米国のウッドショックにより、木材が全国的に不足しているという追い風もあるかもしれませんが、直近の株価は上昇トレンドに入っています。ただ、株価の上値は2,550円前後なので、ここを抜けられるかどうかで3,000円オーバーが目指せるかが変わってきます。

株価が上昇傾向とはいえ、それでも配当利回りが5%超という魅力的な数字を出していますので、高配当の長期保有銘柄として検討されるのもオススメです。