株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【1419】タマホーム 株主優待の贈呈(2022年)

スポンサーリンク

TamaHome 株主優待

タマホーム(株)【1419】

注文住宅会社の中でもローコストを売りにしている企業です。戸建分譲住宅などにも範囲を広げて営業展開しています。

どんな会社?

Happy Life Happy Home TamaHomeというCMを大々的に流しているのでほとんど方がご存じかと思います。最近ではうっせえわで有名なAdoを起用するなど広告を継続的に行っています。

イメージ戦略の向上を狙っているのに、コロナ問題で一時期社会を賑わせました。

SNSでタマホームの社長が「ワクチン接種禁止」及び「接種したものは無期限の自宅待機(無給)、懲戒免職もありうる」といった内容が流れてしまいました。

また、社内文書も週刊文集に流れてしまい、タマホームに不快感を持った方も多いことでしょう。そもそも労働基準法違反になるような内容です。

会社は当然火消しに走りましたが、事の発端の社長は表に出てこず良いイメージを持つのは難しくなってしまいました。

注文住宅

事業の方に移りますが、主力は注文住宅でローコストを強みに展開しています。

ローコストとは、建物の費用が1,000万円台のことを指します。ここまで安い建築費に出来るのはスケールメリットはもちろんのこと、徹底した規格の統一が必要となります。

にもかかわらず注文住宅で人々のマイホームの夢を叶えているのですから、企業努力は凄まじいものだと思います。ただ、それで欠陥住宅になってしまったら意味もありませんが、これほどの大手企業で施工実績があればある程度は安心できそうです。

エリア

首都圏郊外と地方を中心に展開しています。

都心にあるモデルハウスを見てみると、客層が異なりすぎているためタマホームの名前はまず見ません。

郊外や地方のお手頃価格の土地に、お手頃価格の住宅を展開するのを軸として営業しています。土地が広く、土地の形が良ければ建築の自由度は増しますし、設計もやりやすく低コストで建築することが可能となります。ローコストならではの戦略ですね。

都心に入ると、どうしても土地が狭くなり3階建て住宅も主流になってきているため、どうあがいてもローコストでの実現は困難となります。

土地も6,000万円以上、建物も3,000万円以上、その他諸経費等を色々と含めると1億円はかかりますので、ローコスト住宅の戦場としては不向きです。

株式情報

本社は東京都港区に位置しており、決算月は5月です。

建設業ならではの高配当と、株主優待も実施していますので、それぞれを見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:5月 11月 年2回

保有数 3年未満 3年以上
100株 ¥500 ¥1,000

権利区分は100株のみですが、長期保有特典があり500円分が加わります。

頂けるのはクオカードで使い勝手が良い人気の株主優待です。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥2,414 2022年2月時点
100株 ¥241,400  
株主優待 ¥2,000  
配当金 ¥11,500  
利回り 5.59%  

利回りは約5.6%と魅力的な数値となっています。正直なところ株主優待はおまけで、配当利回り約4.7%に惹かれて保有される方が多いのかと思います。

株価も上下のブレはありますが、長期目線で見ると右肩上がりになっているのも魅力的に見えます。

今後の動向

2021年の建築業界はコロナ禍による物流の混乱からウッドショックという危機が生じました。高いところでは建築費が20%も上昇するというインパクトのある内容です。

ローコスト住宅でも同様の波が押し寄せている訳ですが、タマホームの今後の動向に注目する必要がありそうです。企業独自の物流ルートや仕入れの最適化を更に行い1,000万円台の住宅を供給し続けられるのか気になるところです。