株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【8278】フジ 株主優待が届きました。

スポンサーリンク

フジ 株主優待

(株)フジ【8278】

愛媛を地盤とした大手チェーン店です。ネットストアも展開していますので、幅広い方が使用できます。

どんな会社?

2022年3月にマックスバリュ西日本と経営統合を行い、イオン系列の子会社となりました。商号も株式会社フジ・リテイリングとして再出発しています。

東京都や神奈川県に住まわれている方は、緑色の看板にFUJIと書かれたスーパーマーケットを思い浮かべるかと思いますが、そこを運営しているのは「富士シティオ株式会社」なので全く違う企業です。

フジ・リテイリングもスーパーマーケットのフジを運営していますが、中国地方にしか展開していないため関東圏の方は見たことがない企業だと思います。

フジネットショップ

実店舗だけでなくネットストアも展開していますが、中々の使い辛さで株主優待で頂けるポイントを使用するのも面倒に感じ、ユーザビリティは低いです。

実店舗に来られるお客さんを主ターゲットにしていますし、スーパーの1点1点が安価なのでネット戦略は厳しそうです。そのため、ポテトチップス10袋などといったまとめ売りの戦略を取っていますが、割引率が良いわけでもなく誰が購入するのだろう?と不思議な感じです。

サーバー管理費、運営費的に問題がなければ良いのですが・・・。

株式情報

本社は愛媛県松山市に位置し、決算月は2月です。

配当金と株主優待がありますが、経営統合を行ったことから株主優待が一部変更となっています。それぞれを見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:2月 年1回

保有数 株主優待 フジネット
100株 ¥6,000 ¥3,000
300株 ¥8,000
400株 ¥10,000
500株 ¥12,000
1,000株 ¥20,000 ¥10,000
2,000株 ¥40,000
3,000株 ¥60,000
4,000株 ¥80,000
5,000株 ¥100,000

以前までは、株主優待割引券、エフカマネー、フジネットショップ、PB商品交換の4コースから選択できましたが、2022年4月8日より3コースに変更となりました。

株主優待割引券、フジネットショップ、地域特産品になり、後者の二つは保有数と贈呈額は同一のものとなっています。

株主優待券は、イオン系列が提供している「株主様ご優待券」に切り替わります。1,000円のお会計に対して100円割引券1枚が使用できるものです。個人的にはこちらの方が使いやすいので、変更は嬉しいです。

元々フジネットショップポイントが2,000円(年2回)の4,000円分を頂いていましたが、2022年以降は6,000円(年1回)なので、株主優待の拡充と評価できます。

ポイントの有効期限

フジネットショップ ポイントの有効期限

それでも割引券はあまり好きじゃない・・・という方は従来通りのフジネットショップのポイントに変更できますので、利便性は大きく変わりません。

こちらの画像は2021年8月権利分が付与されたものですが、2024年11月30日までが有効期限となっていますので、3年間保有することが可能です。

100株の場合だとMAX9、000ポイントまで所持できる計算になりますので、好きな商品が選び放題です。もちろん最大まで貯めずとも3,000円分でも十二分に楽しめることができます。私のオススメは「お中元」や「お歳暮」シーズンの特集狙いです。夏であれば揖保乃糸など高級なそうめんなど、豊富な選択肢がありますのでポイントを余すことなく使い切れると思います。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥2,210 2022年5月時点
100株 ¥221,000  
株主優待 ¥6,000  
配当金 ¥2,500  
利回り 3.85%  

イオンの株主優待券が贈呈された場合は優待額が大幅に上昇するため、総利回りは約3.8%まで跳ね上がります。食料品や日用品の生活必需品が少しでも割引になるのは非常に魅力的です。

FUJIのネットショッピングの品揃えはイマイチ感が否めませんので、イオン系のマックスバリュと経営統合したことによって、商品展開のラインナップの選択の幅が広がることが期待できますので、今後の業績を楽しみに見ていきたいですね。