とよの株式投資

中長期のバリュー・配当・優待の株式投資

ヴィア・ホールディングス 株主優待の軌跡

スポンサーリンク

株主優待 ヴィア・ホールディングス 2019年

(株)ヴィア・ホールディングス【7918】

業績不振のため株主優待を改悪してから人気度は地の底に落ちてしまった。

もちろん、自分は絶賛含み損だけど商品が貰える限りはありがたく頂戴しよう。

どんな会社?

元々は印刷系から多角的に事業を拡大していった経緯だけど、2019年現在は外食産業に集中して運営をしている。

M&Aを積極的に行い、フードリーム・紅とん・パステル等を傘下に迎え事業拡大後、2016年に東証一部へ上場した。それ以降のM&Aの話はあまり聞かなくなったかな?

そもそも業績が悪すぎてM&Aをする余裕がなくなったというべきか・・・笑

 

株主優待

権利確定月:3月 9月 年2回

 

100株:5,000円

200株:10,000円

300株:15,000円

400株:20,000円

500株:25,000円

600株:30,000円

700株:35,000円

800株:40,000円

900株:45,000円

1,000株:50,000円

 

有効期限は半年で1枚500円の割引券が金額分いただける。

お会計1,000円毎に1枚使えるので50%割引券だね。

株主優待 ヴィア・ホールディングス 割引券 2019年

1,000円毎という制限がなく使えていた時期もあったけど、その時の人気度は絶大。

株主優待の改悪が行われ50%割引券になってからは閑古鳥が鳴いた。

巷ではキャッシュレスのPayPayやLINEPayの20%還元キャンペーンで世間を驚かせているのにね。

株主優待の50%割引では見向きもしてくれない。

 

利回り

1株:631円(2019年8月時点)

 

100株:63,100円

株主優待:10,000円

配当金:0円

 

10,000÷63,100=15.8%

表面利回りは恐ろしい。総利回り5%を超えれば優秀な部類だけど、それを遥かに上回る3倍の利回り。

ただ、「表面上」であって商品交換のレートは良くないのが残念。

ヴィア・ホールディングス系列のお店によく行く人は持っていてもいいと思うけど、商品交換を目当てにするのは微妙かな?

 

カタログ商品

株主優待 ヴィア・ホールディングス カタログ商品 2019年

400株を保有しているので、40枚の20,000円分を頂いている。

額面だけを見ると超豪華な賞品なんだろうと期待するけど、実態は残酷なのである。

パステルのパスタセット(パスタ1.6kg+ソース3瓶+オリーブオイル1瓶)が30枚(15,000円)

どんだけ高級なパスタ・・・?!笑

市場価格で考えると5,000円未満かな?

仮に商品交換のレートが30%とした場合の利回りは4.7%ぐらいの計算になる。

5%付近なのでそこそこと考えるか、株主優待廃止のリスクを考慮して手を出さないか、判断は難しいところだね。

 

これまでの株主優待

2019年

株主優待 ヴィア・ホールディングス パスタセット 2019年
株主優待 ヴィア・ホールディングス 山本海苔 2019年

2019年も定番のパスタセット(30枚分)を頂き、10枚余ったので山本海苔を選択。

 

2018年

f:id:chip_dale165:20181214225421j:plain

改悪後の割引券になってしまったので、パスタ商品(優待券30枚分)を頂いた。

 

2017年

株主優待 ヴィア・ホールディングス 優待カタログ

お食事券として使っていたけどカタログ商品にはパステルのアイスがある。

この時のカタログ商品のクオリティは高かったけど、お店で使った方がお得感があったので一度も交換することはなかった。

 

 

2016年

株主優待 ヴィアホールディングス 交換商品一覧

スパークリング清酒 澪MIOが提供されていた。

300ml×12本もいただけるという太っ腹のカタログ商品だったね。