株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【2702】マクドナルド 株主優待券が届きました。

スポンサーリンク

マクドナルドの株主優待券で、1冊に6枚が綴られています。

日本マクドナルドホールディングス(株)【2702】

米国企業の世界的ハンバーガーチェーン店なのは言うまでもありませんね。日本国内でも外食大手の位置におり、知らない方はいない程の知名度を誇っています。

どんな会社?

説明するまでもなく、看板に「M」を掲げているマクドナルドを運営しています。

ハンバーガーチェーン店は多くの企業が国内にもありますが、マクドナルドが圧倒的なシェアを占めており、関東ではマック、関西ではマクドと略称が異なるのも珍しいチェーン店だと思います。

さて、経営状況を簡単に述べますと、2015年頃は赤字の連続で苦戦を強いられていましたが、2016年にポケモンGOの大ヒットに上手く乗っかり客足が徐々に戻ってきました。

その後も「マックカフェ」「夜マック」「マクドナルド総選挙」と矢継ぎ早にイベントキャンペーンを展開して顧客の定着を図っていきました。これが功を制し、売り上げ低迷期から脱出しV字回復へと歩みを進めています。

株式情報

本家のマクドナルドの本社はアメリカ合衆国イリノイ州ですが、日本マクドナルドは東京都新宿区に本社を構え、決算月は12月です。株主優待は非常に使い勝手がよく、大人気の商品引換券です。配当金も出ていますので併せて見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:6月 12月 年2回

保有数 株主優待券
100株 1枚
300株 3枚
500株 5枚

上限は500株まで、保有数に比例して株主優待券が頂けます。届く時期は例年3月下旬と9月下旬となっています。

1冊にバーガー類・サイドメニュー・ドリンクの引き換え券が各6枚綴られており、バリューセットで選べるメニューであれば値段問わず注文可能です。期間限定メニューも選択可能で、人気高い月見バーガー(720円)や、夜マックのビックマックセット(790円)も自由に選ぶことができます。

マクドナルドの2名義分の10冊が贈呈されました。大量なハンバーガーが楽しめます。

5冊を2名義分頂きました。
モバイルオーダー等では使用できませんので、ご注意ください。
注文時にバーガー1枚だけという使用方法も可能です。

500株の5冊を2名義分頂きましたので、半年でバリューセット60食分、年間で120食と十二分な量をいただける株主優待です。マクドナルドは主要駅には必ずありますし、使い勝手は格段に良く、株主優待の中でも人気筆頭の銘柄となっています。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥5,000 2022年9月時点
100株 ¥500,000  
株主優待 ¥4,200  
配当金 ¥3,900  
利回り 1.62%  

人気の高い銘柄ではありますが、利回りだけを見るとそこまでよくありません。株価も約5,000円と非常に高くなってしまっているので手が出しにくいのも確かです。なお、株主優待の価値はバリューセットを700円程度と仮定し、6食分の約4,200円としています。

コロナ禍の中でも大きな株価下落もなく、ここ数年は5,000円程度を前後しています。外食産業は大きな痛手を負っているところですが、マクドナルドの場合は、Uber Eats等のデリバリーで大盛況です。その割には株価の上昇がないのは少し残念ではありますが、どのような社会情勢にも順応できる会社であることが分かります。一時は不振と騒がれていましたが、急激なV字回復も遂げていることから底力はかなりのもです。会社としての体力も相当ありますので、安定株としても保有する選択肢もありかもしれませんね。

値上げラッシュ

マクドナルドも値上げラッシュが止まりませんね。これまでのハンバーガー単価の軌跡は下表のとおりですが、2002年の最安値59円(税込62円)は懐かしいですね。

値段(税込) 備考
1971年 80円 創業時
1985年 230円 バブル期
1995年 136円 バブル崩壊
1996年 84円 期間限定のキャンペーン
2000円 68円 平日のみ
2002年 62円 最安値(税別59円)
2005年 100円 100円マックの到来
2013年 120円 円安や人件費高騰
2014年 100円 100円マックの再来
2019年 110円 消費税10%の便乗値上げ
2022年 130円 3月に実施
2022年 150円 9月に実施

このように一覧表にしてみると、その時の日本経済の動きが分かり面白く感じます。物価の上昇が凄まじい勢いで続いていますが、給与が中々上がらないのは本当に辛い状況です。

物価上昇の判断を間違えなければ、企業の売上高や営業利益は高くなり、それに応じて株価の上昇や配当金の増配は望むことが出来ますので「投資」をするかしないかで、資産レベルの差が更に大きくなりそうです。