株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【8173】上新電機 株主優待が届きました。

上新電機は家電量販店の大手で、関西を地盤に営業を行っています。 株主優待は自社で使用できる割引券が頂け、更に配当利回りも4%近い数字を誇っています。 株価も下落気味ですので、参入がしやすくなっています。

【7885】タカノ 株主優待が届きました。

タカノは長野県に本社を構え、ばねの製造からスタートしました。 株主優待は長野県に由来のある特産品がいただけます。100株は6万円台と少ない投資金額なのが魅力的です。

【4348】インフォコム 株主優待が届きました。

infocomは医療業界や公共機関向けにITサービスを提供している企業です。 子会社がめちゃコミックを運営しているので、知名度は比較的高いと思います。 株主優待はめちゃコミックのポイントが貰えるようになり、利便性が格段に上昇しました。

【9948】アークス 株主優待が届きました。

アークスは北海道、北東北に根付いた地域密着型の食品スーパーです。 北海道・青森県・岩手県の3道県ではトップシェアを誇っているほどで 地域住民に必要とされている企業なのがわ数字からも分かります。 株主優待は青森県産のりんご関連商品が頂けます。

【2207】名糖産業 株主優待が届きました。

名糖産業はアルファベットチョコレートで有名です。 株主優待は100株だと年1回、200株以上だと年2回で頂けます。美味しいお菓子の詰め合わせをたくさん頂けるので嬉しい反面、食べすぎに要注意です

【2927】株主優待 AFC-HD 株主優待が届きました。

AFC-HDは健康食品や化粧品を取り扱っている企業です。 株主優待は年々改悪傾向で、年間60,000円頂けていたのが20,000円まで下がってしまいました。頂けるものはカタログ掲載品になりますが、キッコーマンの野菜ジュースがイチオシです。

カスタムオムライス 株主優待でお食事をしてきました。

【3073】DDホールディングス ダイヤモンドダイニングが手掛けるオムライス屋さんが三軒茶屋に新規出店したので、お食事をしてきました。

【7475】アルビス 株主優待が届きました。

アルビスは小売、卸業を営んでいますが、食品スーパーも運営しています。 地域に根差した信頼される企業を目指しており、東証一部にも上場しています。 株主優待や配当金は非常に魅力的な内容となっています。

【3159】丸善CHIホールディングス 株主優待が届きました。

丸善CHIホールディングスは書店販売・教育機関・図書館運営の3本柱で経営を行っています。 紙と電子書籍のハイブリッドサイト「honto」も手掛けています。

HangOut HangOver 株主優待券でお食事です。

HangOut HangOver(ハングアウトハングオーバー)はお肉を中心に提供しているカフェです。 テイクアウトも行っており、ハンバーガーやタコライス等が注文できます。 バンズはハード系ですが、とても美味しく食べ応え抜群でした。

【8616】東海東京フィナンシャル・ホールディングス 高配当銘柄です。

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは、中京圏を地盤にしている準大手証券会社です。 株価は手の出しやすい300円台ですが、配当利回りは5%超となることが多く、高還元銘柄となっています。 徐々に買い増しをしていくのもオススメですよ。

【9832】オートバックスセブン 株主優待が届きました。

オートバックスセブンは国内最大手の自動車用品を販売しています。 株主優待は有効期限なしのギフトカードが頂けますが改悪傾向が続いています。ただ、配当金による株主還元を重視しているため、高配当銘柄です。

【7522】ワタミ 株主優待が届きました。

ワタミは過労死問題からブラック企業の代名詞となってしまいました。 しかし、2019年。離職率は10%未満(業種平均30%)と驚異の改善を達成しました。 創業者の渡邊美樹が社長復帰でどのように変わるのか。ただ、株主優待の改悪には残念です。

【9979】満天酒場 株主優待でお食事

満天酒場は大庄グループが運営している居酒屋です。 毎日来られる、気軽に飲めるをコンセプトで、メニュー単価は非常に安価です。お酒の種類も豊富で、料理の質も良く、さらに安いと3拍子揃った大衆居酒屋です。

【3387】Mr.FARMER(ミスターファーマー)で株主優待ご飯をいただきました。

Mr.FARMER(ミスターファーマー)はクリエイト・レストランツが運営している野菜カフェです。 看板メニューのサラダは圧巻で、食べ応え抜群です。その他にハンバーガーやピザなどもあり、これが野菜?!と思うことは間違いなしです。

【9414】日本BS放送 株主優待が届きました。(2022年に廃止)

日本BS放送は、ビックカメラの傘下に入っている無料BS放送局です。 アニメやショッピング関連に強みを持っており、収益構造は盤石な数字となっています。 株主優待は残念ながら廃止され、配当金も高還元とは言えません。投資先としての魅力はかなり薄れてし…

【3549】クスリのアオキホールディングス 株主優待が届きました。

クスリのアオキホールディングスは北陸を地盤に展開しているドラッグストアです。 地域の薬局ですが、生鮮食品も取り扱い新鮮なお魚なども店頭に並ぶため、スーパーとしての側面もあります。 株主優待は割引カードや地域特産が頂けます。

【7513】コジマ 株主優待が届きました。

コジマはかつて電気量販店のトップに君臨していましたが 徐々に力を失い、ヤマダ電機に一位の座を譲り渡しました。 そして、2012年にはビックカメラに買収され傘下入りとなっています。 それ以降は徐々に業績の回復をしています。

【8167】リテールパートナーズ 株主優待が届きました。

リテールパートナーズは丸久、マルキョウ、マルミヤストアの3社の持ち株会社です。 それぞれ地域に根差したローカルスーパーで、地域に寄り添った商品展開をしています。 株主優待はお買物券かギフトカードが頂けますが、100株であればギフトカード一択です。

【8920】東祥 株主優待が届きました。

東祥はホリデイスポーツクラブを運営している企業で、全国に約100店舗を展開しています。 株主優待は1日施設利用券などに使用できるので、解約後の元会員さん向けとなっています。 配当金もわずかながら出ていますので、中々魅力のある銘柄です。

【2281】プリマハム 株主優待が届きました。

プリマハムはソーセージの「香薫」ブランドを展開している企業です。 業界内ではトップ3に位置しており、シェアの拡大を目指しているところです。 株主優待や配当金も出ており、非常に魅力的な企業となっています。

【2309】シミックホールディングス 株主優待が届きました。

シミックは治験の国内先駆企業で、実績も首位級に位置しています。 株主優待は2020年から新設しており、ゆめぴりか、ジャムなど魅力的な製品がいただけます。 配当金も出ていますし、要チェックの銘柄ですね。

【3198】SFPホールディングス 株主優待券が届きました。

SFPホールディングスの主力は磯丸水産で、海鮮専門の居酒屋を展開したパイオニアです。 クリエイト・レストランツの傘下ではありますが、魅力な居酒屋ブランドをこれからも育ててほしいですね。

【3608】TSIホールディングス 株主優待券が届きました。

TSIホールディングスはマーガレットハウエル・MHL.・B'2nd・ナノユニバース等の有名ブランドを運営しています。 株主優待は20%割引券で、購入金額が高くなりがちのブランドなので恩恵は大きくなりそうです。

【3387】クリエイト・レストランツ 株主優待券が届きました。

クリエイト・レストランツは200を超えるブランドの飲食店を抱えています。 その背景には積極的なM&Aがあり、開発ノウハウ等を共有し相乗効果を図っています。 株主優待も使用できる店舗が非常に多く非常に人気の高い銘柄です。

【2193】クックパッド 適時開示情報

クックパッドの株主優待にクックパッドマートの割引クーポンが追加されました。 投資期間中として、業績は伸び悩んでいますが、ようやく生鮮食品ECアプリが芽吹きそうです。今後の決算に期待したいですね。

【2678】アスクル 株主優待が届きました。

アスクルはオフィス用品の配送を主力で行ってきましたが、個人向けの事業「LOHACO」も展開しています。 株主優待はLOHACOで使用でき、利便性は高いです。無印良品等も入っているのが、より価値を高めます。

【2288】丸大食品 株主優待が届きました。

丸大食品はハム、ソーセージ等の加工食品を筆頭に食料品を製造している会社です。 株主優待は贈答品クラスの煌彩ハムが頂け、食卓を一気に華やかにさせてくれます。

【2305】スタジオアリス 株主優待が届きました。

スタジオアリスはこども写真館の最大手です。 七五三が一番の売上高を誇っていますが、ディズニーやポケモンのキャラクター撮影も展開しており、綺麗に着飾った記念撮影が行えます。

【3082】きちり 適時開示情報(株主優待拡充)

きちりは2021年に改悪を発表した株主優待を1年後の2022年に戻すことを決めました。 市場動向を正確に見極め切れていないような動きですが、経営陣による業績予想が問題ないことを祈るばかりです。