株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【2927】株主優待 AFC-HD 株主優待が届きました。

スポンサーリンク

AFC-HDアムスライフサイエンスから株主優待が届きました。

(株)AFC-HD アムスライフサイエンス【2927】

健康食品や化粧品を販売している会社で、自社ブランド品も開発しています。

通販や卸に力を入れており、株主優待もカタログ商品に使用できる無料券・割引券です。

どんな会社?

健康食品のOEMを手掛け、数多くのグループを束ねています。

No 会社名 特徴
1 エーエフシー 健康食品・化粧品
2 本草製薬 医薬品の製造・販売
3 日本予防医学研究所 研究・企画・設計
4 けんこうTV 広報、企画・制作
5 なすび 飲食業

組織改編等もありますが、上表以外にも不動産業・建築業・宝飾品・イベント企画など多ジャンルを展開しており、医薬品等の本格的な医業にも参入しているのは凄いです。

漢方薬も手掛けており自然素材への取り組みが強みですが、正直なところ知名度はイマイチな感じがします。やはりドラッグストアに置かれているか否かの違いは大きいです。

株式情報

本社は静岡県静岡市に位置し、決算月は8月です。

株主優待は自社商品のカタログから選択できますが、年々株主優待の改悪が進んでいます。その代わり配当金を増やすという方針に展開しています。それぞれを見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:2月 8月 年2回

保有数 商品引換券 割引券
100株 - ¥2,500
1,000株 ¥10,000 ¥5,000
3,000株 ¥15,000 ¥10,000

割引券は5,000円のお会計に対して1枚(2,500円割引)を使用することが出来るため、メインは商品引換券です。サプリメントも多く販売していますので、よく飲まれる方には良いかと思いますが、如何せんお値段は高めです。

野菜の極

「野菜と果実の極」が注文できなくなったので「野菜の極」を頂きました。飲みやすくとても美味しかったです。

「野菜と果実の極」が注文できなくなったので「野菜の極」を頂きました。
飲みやすくとても美味しかったです。

2022年8月権利分は、いつも注文していた「野菜と果実の極」がラインナップから外れていたため「野菜の極」を注文しました。果物が入っていないと甘さが控えめになり、美味しさも半減かな?と思っていましたが、そんなことは全くなく、ツブツブ感がクセになる美味しさは変わらずでした。

野菜と果実の極

野菜と果実の極が頂ける株主優待です。

優待券は全て野菜ジュースに交換していましたが、
優待改悪後は1箱と端数調整に切り替えました。

以前注文していた「国産 野菜と果実の極」で、残りは端数調整です。昔は大量の野菜ジュースが頂けていましたが、株主優待改悪後は見る影もなくなりました。ただ、デルモンテの野菜ジュースの美味しさは変わらないので、定期的な楽しみです。株主優待は改悪続きなので今後の先行きも不安に感じますが・・・。

プロポリスのど飴

端数調整で購入したプロポリスのど飴です。プロポリス特有のピリピリ感は慣れるとクセになりますね。

端数調整で購入したプロポリスのど飴です。
プロポリス特有のピリピリ感は慣れるとクセになりますね。

乾燥する季節に必須アイテムであるのど飴を頂きました。プロポリスのど飴は食べたことがなかったので興味津々でしたが、ピリッとした感じがクセになります。

株主優待の沿革

時期 1,000株 贈呈数
2016年 ¥30,000 2回
2017年2月 ¥30,000 1回
2019年8月 ¥15,000 2回
2022年2月 ¥10,000 2回

一番人気があった時期は2016年以前ですが、年額60,000円分と大盤振る舞いで公式HPにも健康食品や化粧品と交換できるので株主になりませんか?と呼びかけていました。

そんな呼びかけとは裏腹に株主優待の贈呈額は下落を辿る一方で、60,000円→30,000円→20,000円と、67%減の改悪の連続です。

その理由としては、株主還元は配当金で行うように方針転換しています。それでは配当金がどの程度増額していっているのか利回りと一緒に見ていきましょう。

利回り

項目 金額 備考
1株

¥772

2023年1月時点
1,000株 ¥772,000  
株主優待 ¥20,000  
配当金 ¥25,000  
利回り 5.83%  

株主優待を考慮すると1,000株以上が前提となるため、70万円以上の投資金額が必要となります。その代わり年間で45,000円の株主還元が行われ、総利回りは約5.8%と高い部類になっています。

配当の沿革

時期 1株配当
2016年 ¥15
2017年 ¥10
2019年 ¥25
2022年 ¥30
2023年 ¥25

主に株主優待が改悪された年の配当金の推移を上表のとおりにまとめました。

2016年の15円から2022年の30円まで2倍の配当金が出ており、株主還元の方針が配当金にシフトされているのが分かりますが、2023年に限っては減配予想となっています。

株主優待の変更理由は「株主の皆様から、配当金の割合を多くして欲しいとのご要望を数多く頂いたため、株主優待制度を変更いたします。」と記載されていましたが、その配当金が減配となるので、単純に株主優待が改悪されただけとなりました。

ただ、株式会社の性質上、大株主になればなるほど株主優待の恩恵は低くなるので、配当金重視になる方向性は避けられません。加えて優待カタログで欲しいと思える商品が少なければ、その人にとっての価値は下振れしますので、配当金を多めにもらえる方が嬉しいと思う方も多いと思います。

私はキッコーマンの野菜ジュース目当てなので、株主優待が多いの方が嬉しかったですけどね 笑

野菜ジュース銘柄

健康食品・化粧品・漢方などをいただける株主優待ではありますが、毎回注文しているのはデルモンテ 野菜の極シリーズです。

AFC-HDとキッコーマンが共同開発したオリジナルの商品です。

野菜と果実の極を6箱も頂けた時代がありました。

2019年は大盤振る舞いで、
1箱5,000円のキャンペーンが実施されていました。

こちらの商品は、1箱30本入で税込8,250円と1本あたり275円のお高めな野菜ジュースです。2019年前期は、キャンペーン価格で1箱5,000円でしたので6箱頂け、インパクトが凄まじかったです。

野菜ジュース自体は高価な部類になりますが、味はさすがのキッコーンと言ったところで非常に美味しいです。ツブツブ感・喉ごしも良く、飲んだことがない方は是非一度お試しして欲しい一品です。ただ株主優待ならではの楽しみであって、定価では購入する気がが全く起きませんが・・・笑

「野菜と果実の極」が一番オススメですが、マンゴーブレンドや紫さつまいもブレンド等のフレーバーも販売(期間限定?)されることがあります。ただ、つぶつぶ感のない普通のジュースみたいでした。