株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3038】神戸物産 株主優待の贈呈(2022年)

スポンサーリンク

神戸物産 株主優待

(株)神戸物産【3038】

緑色の看板の業務スーパーを運営している会社で、テレビでも度々特集されるほどの人気あるスーパーです。

どんな会社?

業務スーパーという名称ではありますが、一般のお客様も大歓迎というスタンスを取っています。

プロ品質とプロ価格を掲げているだけあって、世界中から珍しい品物を直輸入しているため、お値段も安く、見ているだけでも楽しい商品が勢揃いしています。もちろん、日本でお馴染みのメーカー品も仕入れているため、お馴染みの商品も購入できます。

業務用というだけあって、量が多いので計画的に購入しないと食べきれないことがあるので注意が必要です。

冷凍食品

生鮮食品、レトルト食品、調味料など多様なラインナップが揃えられていますが、特に力が入っています。

ブロッコリー、コーン、ほうれん草、タマネギの野菜や、ラズベリー、マンゴーなど。

揚げ物系も充実しており、フライドポテトは1kgも入っていて約200円と激安です。

デザートにはチーズケーキ、ベルギーワッフル、チュロス、ティラミスなどありとあらゆると物が購買欲を掻き立てます。

しかも容量に対して値段が安くコスパ抜群と来ていますから、リピーターが続出するのは当然ですね。

株式情報

本社は兵庫県加古川市に位置しています。神戸物産というからには神戸市にあると思いましたが、隣の市の加古川市に構えています。

株主優待は自社専用のお買物券ではなく、JCBギフトカードが贈呈されます。配当金も少しばかり出ていますので、それぞれを見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:10月 年1回

保有数 3年未満 3年以上
100株 ¥1,000 ¥3,000
1,000株 ¥10,000 ¥15,000
2,000株 ¥15,000 ¥20,000

権利区分は3つに分かれており、長期保有を加味すると100株保有が高利回りです。

2021年以前は業務スーパーのみで使用可能な商品券が贈呈されていました。それが2021年6月22日付で「JCBギフトカード」に変更との通知が発出されました。

こういったケースの場合は贈呈金額が下がることが多いのですが、金額は据え置きと神対応です。使用可能店舗が業務スーパーから百貨店等のあらゆる店舗で使用可能になったことは利便性を飛躍的に向上です。更に株主優待族を常に悩ませ続けている有効期限も撤廃されていますので、株主優待の拡充と言っても過言ではありませんね。

もちろん、このJCBギフトカードは業務スーパーでも使用可能ですので、従来通りの使い方も出来ますのでご安心ください。

偽装対策

神戸物産に限らずですが、株主優待券を実施しているお店の会計のところで「株主優待の偽装にご注意ください。」という注意書きを目にすることが多くなりました。

偽造防止は日本円のお札等に比べれば劣るの当然ですし、技術を持った方であれば精巧な偽物が作れてしまうのかもしれません。

その煽りを受けてか、自社の商品券の撤退を表明するところが増えてきたような気がします。

偽造自体は当然ながら犯罪ですが、中々取り締まれないのが実情なのでしょうか・・・。株主優待を楽しむ者としては非常に残念フェーズに移行しています。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥3,740 2022年2月時点
100株 ¥374,000  
株主優待 ¥3,000  
配当金 ¥2,100  
利回り 1.36%  

3年以上の長期保有特典の場合で計算すると総利回りは約1.3%と低めです。

配当単体では0.56%と低いのですが、この社会情勢を考えると無配になっていないだけでも良いのかもしれませんね。

株価は業務スーパーがSNS等で人気を博してから右肩上がりを続けています。2016年頃は200円台だった株価が、6年後の2022年には4,000円近くまで上昇しています。

こういう醍醐味があるから、株式投資はやめられませんよね。配当をもらい、株主優待をいただき、企業の成長も楽しく見ていられる。本当に面白みがあります。