株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3087】ドトール・日レスホールディングス 株主優待が届きました。

スポンサーリンク

ドトールから株主優待が届きました。

(株)ドトール・日レスホールディングス【3087】

ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェで抜群の知名度を確立している企業です。

どんな会社?

2007年に株式会社ドトールコーヒーと日本レストランシステム株式会社が経営統合し、現在の商号となりました。

コーヒーといえばスターバックスが頭一つ抜けており、ドトールコーヒーも奮闘しているところですが、苦戦を強いられています。それでもコスパの高さや根強い固定ファンが多いので、これからも美味しいカフェを展開していただきたいものです。

参考までに筆頭ブランドの売上高は大体以下のとおりです。

会社名 売上高
スターバックス 2,500億円
ドトール 1,090億円
サンマルク 570億円
タリーズ 430億円

※2022年時点

スターバックスとは2倍以上の差をつけられ、ドトール・サンマルク・タリーズの3社が統合したとしても、スターバックスには及ばない数字です。それでも業界2位の地位は確立しており、無くてはならないお店です。

日本レストランシステム

経営統合した日レスも星乃珈琲を展開しており、相乗効果が期待できる業種同士です。その他にもレストランにチェーン店としても有名で、五右衛門や天馬、卵と私などを展開しており、美味しい料理を提供しています。

レストラン事業以外にも自然食品のF&Fも手掛けており、食に関するスペシャルリストです。

サンメリー

石窯パン工房サンメリーや、コッパ田島、パンの田島を運営しているベーカリーを中心としたお店を構えています。パンの田島(=コッペ田島)はコッペパン専門店で、あまりにも美味しかったので、この頃は利用する機会が格段に増えました。

株式情報

本社は東京都渋谷区に位置しており、決算月は2月です。東証プライムに上場している、誰もが知っている銘柄です。

株主優待

権利確定月:2月 年1回

保有数 金額
100株 ¥1,000
300株 ¥3,000
500株 ¥5,000

権利区分は3つあり、保有数と株主優待額が比例して上昇します。コーヒーチェーンの株主優待は少なめなので、ドトール好きであればオススメの銘柄です。パンの田島でも使用可能で、ベーカリーの優待としても希少性があります。

株主優待カードが届きました。有効期限は簡単に延ばせるので気軽に貯めることも出来ます。

株主優待カードが届きました。
有効期限は簡単に延ばせるので気軽に貯めることも出来ます。

株主優待カード自体の有効期限は1年間となっていますが、ドトールバリューカードにチャージすることによって有効期限を3年間に延ばすことができます。

店舗で使用する際は1会計につき1枚のプリペイドカードのみが使用できる仕様なので、複数名義で保有されている方はバリューカードに合算して使用した方が使い勝手が格段に良くなります。

更に有効期限も延長されるので、ドトールの株主優待の権利を得た際はバリューカードの保有をオススメします。

バリューカードは店頭で貰えます。発行費用は300円ですが、同額ポイントが付与されます。

バリューカードは店頭で貰えます。
発行費用は300円ですが、同額ポイントが付与されます。

「店頭でバリューカードを下さい」を伝えると300円で購入できます。最初に300ポイントが付与されているので実質0円の無料で発行可能です。

私はアプリ「DVC」に移行させているので、現物カードを使わずにスマホで完結させています。毎年2名義分の10,000円分をチャージしているので、コーヒーやコッペパンを存分に堪能させてもらっています。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥2,155 2024年6月時点
100株 ¥215,500  
株主優待 ¥1,000  
配当金 ¥4,200  
利回り 2.41%  

株主優待と配当金を併せた総利回りは約2.4%と、株主還元が大きいわけではありません。株価自体は安定的に推移しているため、長期保有目当ても検討したいところです。

ただ、株主優待の最大の500株まで保有すると投資金額が約100万円とハードルが少々上がってしまいます。

お食事体験記

ドトールとその系列店でバリューカードが使用可能なので、お食事等をしてきました。

経営統合した日レス系列のお店では使用できないのが残念ですが、ドトールだけも魅力度は高いです。

初荷2022

ドトールが毎年販売している初荷です。コーヒー豆やドリンクチケットがお得に頂けます。

ドトールが毎年販売している初荷です。
コーヒー豆やドリンクチケットがお得に頂けます。

新年の福袋は多くの企業が販売していますが、ドトールは「初荷」という名称で販売をしています。

基本のコーヒー豆セットを頂きましたが、ランクは3区分あり一番安い1,800円のものを頂きました。

①1,800円(豆2袋、コーヒーチケット5枚)

②3,400円(豆3袋、コーヒーチケット5枚、キャニスター缶)

③5,800円(豆5袋、コーヒーチケット10枚、キャニスター缶)

一番お得なのは③の5,800円のものです。ハワイコナブレンドとブルーマウンテンブレンドの高価格な豆が頂ける上、ドリンクチケットも10枚と太っ腹なラインナップとなっていました。

コーヒーチケットは、ブレンド・アメリカン・アイスのSサイズと引き換え可能です。1杯220円なので1,100円分になります。全国の店舗で使用できるので使い勝手は申し分ありませんね。

パンの田島

コッペパン専門店なだけあり、コッペパンが本当に美味しいです。価格帯は200円~500円となっていますが、食べ応えのあるコッペパンなので満足度が非常に高いです。

挟まっている具材もはみ出るぐらいの大きさで人気のお店です。