株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【2109】DM三井製糖ホールディングス 株主優待の到着(2021年)

スポンサーリンク

DM三井製糖ホールディングス 株主優待 2021年

DM三井製糖ホールディングス【2109】

2021年4月、三井製糖と大日本明治製糖が経営統合し、DM三井製糖ホールディングス株式会社が立ち上がりました。

国内No1、No2の企業だったわけですが、それほど製糖業界が苦難な状況とも言えます。

どんな会社?

製糖という名前が付いているとおり、砂糖が主力商品です。国内最大手の三井製糖はスプーン印というブランドで、多くの市場シェアを獲得しています。

大日本明治製糖はバラ印というブランドで有名ですね。

これらの最大手企業が経営統合したとことは市場を驚かせましたね。

売上高

三井製糖は約1,100億円で大日本明治製糖は約300億円です。No1とNo2とはいえ、売上高では大きな差が開いていました。

経営統合が行われましたが、商号がしっかりと残ったのは「三井製糖」です。大日本明治製糖はDMとして略されてしまいましたね。事業規模を考えれば致し方ないのかもしれません。

砂糖ブランド

会社 ブランド
三井製糖 スプーン印
大日本明治製糖 ばら印
日新製糖 カップ印
伊藤忠製糖 クルルマーク

上表の4ブランドで国内シェアの7割程度を占めています。

お近くのスーパーでよく見かけるのはスプーン印という方が多いかと思います。国内トップのスーパーマーケットのイトーヨーカドーやイオンではスプーン印が置かれていますから必然的に手に取るのはスプーン印となっているのかもしれません。

正直、これらのブランドで大きな差は何ですか?問われても私には違いがほぼ分かりません。三井製糖はスーパーに置いてもらう商談能力に長けているのだと思います。

DM三井製糖が誕生したことによって、スプーン印とばら印がどのようにスーパーで陳列されていくんでしょうね。

砂糖の苦難

国内の製糖事業は大幅に低迷しています。

糖質カットや人工甘味料が台頭してきたことが大きな要因と言われています。家庭での料理では需要の変化はないと感じますが、商品開発に使われる砂糖がどんどん減っていっているものだと思います。

一定の需要はあるにせよ、今後の事業拡大は中々難しい立ち位置になっており、業界の再編が行われてきました。DM三井製糖の誕生に伴って、国内の砂糖事業がより安定してくれることに期待します。さとうきび農家なども含めてですね。

株式情報

本社は東京都中央区に位置しており、決算月は3月です。

東証一部上場で業界最大手の企業です。

株主優待

権利確定月:3月 年1回

保有数 株主優待
100株 ¥3,000
1,000株 ¥5,000

自社商品の詰め合わせがいただけ、100株と1,000株は同一内容となっています。1,000株保有者には2,000円分の金券が追加で贈呈されます。

お砂糖、グラニュー糖、三温糖と家庭に嬉しい商品から、「石垣島のおいしいお砂糖」などの珍しいものも届くので大変楽しめますね。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥1,955 2021年8月時点
100株 ¥195,500  
株主優待 ¥3,000  
配当金 ¥6,000  
利回り 4.60%  

食料品業界としては珍しく高利回りです。配当金単体で約3%も出ているのは魅力的ですし、株主優待も楽しめるラインナップなので長期保有したい銘柄ですね。

ただ、前述したとおり製糖業界は縮小している市場ですので、その見極めが大事になってきそうです。