株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【3349】コスモス薬品 株主優待の贈呈(2022年)

スポンサーリンク

コスモス 株主優待

(株)コスモス薬品【3349】

ディスカウントドラッグストアのコスモスを運営しています。

東京にはあまり店舗がありませんが、今後の出店にも期待です。

どんな会社?

九州を地盤として活動しているディスカウント型のドラッグストアです。全国に1,185店舗(2022年1月時点)を構えていますが、その半数近くが九州の店舗です。

ここ最近は関東への出店にも意欲を示していますが、東京都にあるのはわずか7店舗と少なめですが、渋谷区の広尾駅店や新宿区の歌舞伎一丁目店などの一等地にも出店しています。私の生活圏の世田谷区では祖師谷と上野毛の2店舗で、上野毛には駐車場があるので利用がしやすいです。

ディスカウント

ディスカウントというのは、計画的に大量仕入れを行い安価に提供することを指します。そのため品揃えには限りがありますが、メーカー品であっても割引率が非常に良いので消費者から大変喜ばれるお店となっています。

有名どころで言うとコストコ、OKストア、ドン・キホーテあたりが該当します。

基本的にはスーパーが幅を利かせているわけですが、コスモス薬品はディスカウントドラッグストアとなっています。

食料品

ドラッグストアは多くの会社が存在し、薬以外にも食材や日用品も販売している地域に密着したスーパーのような役割も担っています。

コスモス薬品はその中でも食料品に力を入れており、その価格の安さは他社を寄せ付けません。そのため全体の売上高に対する食料品の比率が高めで、メーカー品だけではなくプライベートブランドも豊富に展開しています。

株式情報

本社は福岡県福岡市に位置し、決算月は5月です。

投資金額は非常に高く、中々手が出しづらいですが株主優待と配当金が出ていますので、それぞれをみていきましょう。

株主優待

権利確定月:5月 11月 年2回

保有数 1年未満 1年以上
100株 ¥5,000 ¥7,500

権利区分は100株のみで、1年以上の場合は長期保有特典として贈呈金額が増加します。

自社で使用できるお買物券が500円単位の券で頂けます。

ただ、全国に店舗を構えているわけではありませんので、そういう方向けに交換制度も設けています。全国共通おこめ券10kg(1年未満)又は15kg(1年以上)に交換可能です。おこめ券は有効期限がありませんので、そういった視点からもありがたいですね。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥15,250 2022年2月時点
100株 ¥1,525,000  
株主優待 ¥15,000  
配当金 ¥8,000  
利回り 1.51%  

株主優待は長期保有と仮定すると、総利回りは約1.5%とそこまでよくありません。

配当金が通年で15,000円分も頂けるのは非常に魅力的ですが、投資金額が150万円を越えるというのは中々手が出しにくいです。2021年は200万円でしたので、その時期と比べると投資金額が下がりましたが、それでも低利回りなので検討銘柄にもならないかもしれません。

株価が下降トレンドに入っているので、しばらくは様子見のような気がします。