とよの株式投資

中長期のバリュー・配当・優待の株式投資

【2594】キーコーヒー 株主優待の軌跡(2019年)

スポンサーリンク

株主優待 キーコーヒー 議決権行使

食料品店等のスーパーの中ではキーコーヒーの商品は金額が高めですが、さすがは東証一部の大企業なだけあり安定感は抜群です。

株主優待だけではなく、議決権行使の特典があるのも特徴的ですね。

どんな会社

レギュラーコーヒーの製造販売をしている大手企業です。消費者向けの商品も多くありますが、喫茶店・カフェ等の業務向けを主力として展開しています。

コーヒーの信頼度No.1・コーヒーの可能性を追求し、提供することを心掛けることを謡っており、コーヒーセミナーも開催しています。

1.カルチャークラス

2.スキルアップクラス

3.カレッジクラス

コースは主に上述した3つがあり、料金は3,000円~と有料ですが、コーヒー等のお土産も貰えます。

www.keycoffee.co.jp

 

有名な産地

日本ではコーヒーが嗜まれていますが、日本産のコーヒー豆は中々お目にかかることはできません。栽培可能な産地としては、沖縄・小笠原諸島が挙げられますが栽培の弱点である台風も多く通過する地域なので、より一層難易度が高くなります。

こういった条件から、コーヒー豆の栽培は日本では難しいです。一定の雨季と乾季、日照時間、土壌などの条件が多く、赤道付近でのコーヒーベルトで栽培されるのが基本的です。

コーヒーベルト 産地

(参考URL:味の素AGF コーヒーベルト

キーコーヒーはインドネシアには農場を持っており、現地の方と長い間、栽培技術の啓蒙活動を通じて協力し合っています。

そこで作れるのが看板メニューであるトアルコ トラジャコーヒーです。

 

株主優待

権利確定月:3月 9月 年2回

 

100株:1,000円相当の詰め合わせ

300株:3,000円相当の詰め合わせ

1,000株:5,000円相当の詰め合わせ

 

商品のラインナップは毎年変わり新商品も提供されるので、何が届くのか楽しめます。

ただ、株主優待の贈呈額が少々物足りないのが残念ではありますが・・・

 

利回り

1株:2,139円(2019年9月時点)

100株:213,900円

優待:2,000円

配当:1,800円

 

3,800÷213,900=1.8%

利回りは残念ながら低い部類です。

株主優待目当てでも、配当金目当てでも投資先として選択するのは微妙かもしれませんが、安定度は一級品でリスクの低さは際立っています。

 

驚異の安定度

キーコーヒーに限らずではありますが、食料品の超大手メーカーの安定度は光るものがあります。

1月を基準で直近の10年ほどを見てみましょう。

2010年:約1,500円

2011年:約1,500円

2012年:約1,500円

2013年:約1,500円

2014年:約1,500円

2015年:約1,500円

2016年:約1,800円

2017年:約2,000円

2018年:約2,000円

2019年:約2,000円

 

2015年を境に大きく上昇しましたが、他企業と比べると正直見劣りしてしまうのは否めません。上がったら下がり、下がったら上がる、という波を打つチャートになるケースが多いのですが、こういう業態はほぼヨコヨコ状態なのが特徴的です。

2018年は下降トレンドに入っている企業が多かったですが、キーコーヒーの株価はほぼ変わらず非常に安定していましたね。

大暴騰することはなく夢を得る投資は得られにくいですが、大暴落するリスクも低いです。銀行の10年定期預金の利率が0.01%~0.04%なのを見ますと、安定株で総利回り1.8%も魅力的に見えてくるものです。

 

議決権行使特典

2016年から議決権を行使した特典としてドリップコーヒー2袋が贈呈されるようになりました。東証一部上場の大手メーカーが議決権を集めるために特典を出すのは少々意外に感じました。

 

簡単にではありますが、コストを算出してみます。

株主数 :41,741名(2019年3月末時点)

コーヒー:80円(1袋40円)

合計額 :約330万円

 

株主数はさほど多くありませんが、議決権に要するコストは結構かかっていますね。

 

これまでの株主優待

株主優待 キーコーヒー 2016年
株主優待 キーコーヒー 2017年
株主優待 キーコーヒー 2018年
株主優待 キーコーヒー 2019年

ドリップコーヒーとレギュラーコーヒー(粉)のセットが多いですね。

毎回美味しいコーヒーに感謝の限りです。