株の植え方。

運用スタイルは中長期です。株の成長・収穫の過程をお届けします。

【1873】日本ハウスホールディングス 株主優待の贈呈(2022年)

スポンサーリンク

日本ハウスホールディングス 株主優待

(株)日本ハウスホールディングス【1873】

建設業で注文住宅の大手企業です。檜(ひのき)の木材にこだわりを持った建築物を手掛けています。

どんな会社?

発祥は岩手県で1969年に「東日本ハウス株式会社」として設立されました。

木造注文住宅を手掛け、岩手県から徐々に関東の進出を進め事業拡大が行われていました。当初の社名に「東日本」と入っていますが、西日本にも手掛けており、全国区の企業です。

その経緯もあってか、2015年に「日本ハウスホールディングス」に商号を変更しています。

こだわりの檜

木造の注文住宅ですが、とくに「檜」に強みがあり「日本の家・檜の家」というブランドも確立し、4つのグレード「館・極・輝・雅」に分けて販売しています。

木造の注文住宅と言えば「住友林業」が最初に思い浮かびますし、企業規模も雲泥の差です。それでも日本ハウスホールディングスにしか出せない独自の技術で檜の家の良さを発信し続けています。

脱線しますが、私も注文住宅で新居を購入したのですが、ヒノキを多めに注文しました。

日本ハウスホールディングスの檜ほどのブランド力がある木材ではありませんが、ヒノキの心地良さを感じながら快適な楽しい空間になっています。

白木なので光の反射も良く、とても明るいお部屋になりますので、ヒノキは本当にお勧めしたい木材の一つです。

株式情報

本社は東京都千代田区に位置しています。元々は岩手県盛岡市に構えていましたが、2016年に本社機能を移転しました。

決算月は10月で東証一部に上場しています。株主優待や配当金はとても魅力的なので、それぞれを見ていきましょう。

株主優待

権利確定月:10月 年1回

保有数 株主優待
1,000株 ¥3,000

権利区分は1,000株以上になりますのでご注意ください。

贈呈されるものは(株)日本ハウス・ファームの函館農場で生産された、じゃがいも及びかぼちゃのスープが各2箱ずつの合計4点が贈呈されます。金額を3,000円としていますが、公式発表はされていませんのでおよその金額です。

日本ハウスホールディングス スープギフト
日本ハウスホールディングス カレーギフト

左の写真が2022年に贈呈されたポテトスープ及びパンプキンスープです。

右の写真は2021年以前に贈呈されていたカレーギフトで、ホテル仕様の高級レトルトカレーになっています。具材はゴロゴロと入っており、格別に美味しかったです。

今年もホテルの美味しいカレーが届くのを楽しみにしていましたが、2021年10月18日にカレーギフトからスープギフトに変更するとの通知が発出されました。

個人的には残念ではありましたが、このハイクオリティのカレーギフトを作り出しているのであれば、スープも格別に美味しいことでしょう。

なお、カレーギフトの前は銀河高原ビール(350ml缶×12本)が贈呈されていました。

なので定期的に株主優待の贈答品が変更されています。

利回り

項目 金額 備考
1株 ¥430 2022年1月時点
1,000株 ¥430,000  
株主優待 ¥3,000  
配当金 ¥20,000  
利回り 5.35%  

1株単価は低くなっていますので、新規参入はしやすい銘柄だと思います。

株主優待を得るには1,000株以上なのでハードルが若干上がってしまいますが、配当単体で約4.6%も出ているが非常に魅力的です。

ここまで高利回りだと株主優待は、おまけな感じがしますね。

とはいえ、建設業は比較的配当金が高い業態でもありますので、業績等の今後の動向について見極める投資判断は必要です。

スープを実食

日本ハウスホールディングス ポテトスーtプ、パンプキンスープ

高級な化粧箱に入ったスープを早速温めてみました。左がポテトスープで右がパンプキンスープです。

どちらもとても濃度が高く、スープというよりはポタージュです。味はしっかりと濃厚なのでパンにつけながら食べるのもオススメです。

味の素Knorrのカップスープや、ポッカのじっくりコトコトのスープも手軽で美味しいのですが、それとは別格の味わいです。

以前のカレーギフトも美味しかったですが、今回のスープも期待を裏切らない味で、食卓を華やかにさせてくれる一品でした。